おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

きのこのホイル焼きのレシピ/作り方

きのこのホイル焼きの写真

調理時間:20分以下

フライパンできのこのホイル焼きを作る手順をまとめています。きのこは数種類好みのものを合わせればOK!

ホイルを開いた時の香りに、醤油&バターの美味しさ!ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
きのこ
秋の味覚

印刷する

きのこのホイル焼きの材料(2人分)

  • きのこ … 一人当たり150gほど
  • バター … 一人当たり5〜10g
  • レモンやすだち … 適量
  • 醤油 … 適量
  • *以下、今回の2人分で用意したきのこです*
  • しめじ … 100g
  • 椎茸 … 3枚
  • えのき茸 … 小1/2束(50g)
  • 舞茸 … 50g
  • エリンギ … 小1本

スポンサーリンク

きのこのホイル焼きの作り方

ホイル焼きのきのこの切り方

材料のところにも記載しましたが、きのこのホイル焼きはきのこ数種類を一人分で計150gくらい用意するとよいです。

それに加え、バター、すだちやレモンなどの柑橘類を用意します。

まず、椎茸は石づきを切り落とし、縦に2〜4等分に割ります(包丁でざくっと切ってもいいし、切り込みを入れて手で割いてもどちらでもOK)。

次に、しめじとえのき茸は石づきを切り落とし、箸でつまみやすいくらいの塊りとなるように粗くほぐします。

エリンギは長さを半分にして縦に2〜4等分に切り、舞茸は大きめのひと口大に手で割いておきます。

※しめじとえのき茸は細かくほぐしすぎると後々食べにくくなるので、塊りを残しつつほぐすとよいです。

ホイル焼きの包み方

アルミホイルを40㎝ほど用意して、その中央にきのこを並べます。塩ひとつまみ(分量外)をふりかけてから、バターを上にのせます。

きのこはカサがあるので、少し包みづらいですが、以下のように包んでみてください。

まず中央にアルミホイルを寄せ、右端の余ったアルミホイルを角のような状態になるように丸めつつ留め、反対側も同じように留めます。それから中央の口を閉じるとよいです。

※きのこが多いとき、アルミホイルが短いときは特に包みづらいのですが、きのこは火が通りやすく、蓋付きフライパンであれば少しくらいなら口が開いていても十分に加熱できます。

きのこが包めたら、それがすっぽり入るフライパンを使って加熱していきます。

きのこのホイル焼きのレシピ/作り方

フライパンにきのこを包んだホイルを並べ、蓋をして中火にかけます。火加減の目安は中火で3分かけた後、弱火に落として5分。計8分が目安です。

時間がきたら蓋をはずし、アルミホイルの口を一つ開いて火通りを確認し、OKならホイル焼きを取り出します。

すだちやレモンのくし切りをひと切れずつ添えて、醤油をかけて熱々をいただきましょう。

【補足】

  • フライパンに蓋がない場合や、自動で弱火に調整されてしまう場合などは、適宜弱火で加熱する時間を長くとり(プラス2〜3分が目安)、最後は必ず火通りを確認するようにするとよいです。
  • アルミホイルの左右を角のように上に伸ばすのは、熱くなって持ちづらいホイル焼き完了後、取っ手のような役目で使えるからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ