おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

そぼろ牛丼のレシピ/作り方

そぼろ牛丼の写真

調理時間:20分以下

丼ぶりの中でも人気の高い牛丼を、牛ひき肉を使ってより作りやすいレシピにしてみました。

玉ねぎや生姜をみじん切りにして合わせ、少し甘みをきかせるのが味付けのポイントです。ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
牛丼
牛肉
玉ねぎ
生姜
ひき肉

印刷する

そぼろ牛丼の材料 (2〜3人分)

  • 牛ひき肉 … 200g
  • 玉ねぎ … 1/2個(約150g)
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • ごはん … 丼ぶり2~3杯分
  • 紅しょうが … あれば少々
  • 水 … 大さじ4(60ml)
  • 醤油 … 大さじ3(45ml)
  • 酒 … 大さじ2(30ml)
  • みりん … 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 … 大さじ2~3

スポンサーリンク

そぼろ牛丼の作り方

そぼろ牛丼の下ごしらえ

牛ひき肉を使って、より短時間で牛丼を作るレシピですが、少し手間はかかってもひき肉に合わせて具材はみじん切りにするのがおすすめです。

玉ねぎは粗めのみじん切りに、生姜とあれば仕上げに加える紅生姜もそれぞれみじん切りにしておきます(細かく切ることでひき肉とのなじみがよくなります!)。

※玉ねぎのみじん切りについてはこちらを、手作りの紅生姜についてはこちらも参考に。

そぼろ牛丼の味付けとレシピ

火にかける前の鍋に切った玉ねぎと生姜を加え、Aの大さじ4と調味料(醤油大さじ3、酒とみりん各大さじ2、砂糖大さじ2~3)を合わせておきます。

※砂糖のみ大さじ2~3と幅を持たせています。甘めが好きな方は大さじ3がおすすめ。大さじ2なら少し甘めくらいです。

箸などで調味料を軽く溶かし混ぜてから鍋を中火にかけます。煮汁が沸いてきたら火を少し弱め、3分ほど煮て玉ねぎに火を通します

続けて、牛ひき肉を加えて少し火を強め、箸で混ぜながら火を通します(写真のように箸4本くらいを手に持って混ぜるとよりダマになりにくいです)。

それから火加減を少し落として、3分ほど煮て煮汁を少しだけ煮詰めます

鍋底の一面に少し煮汁が残るくらいで止めてください(完全に煮汁がなくなっては煮詰めすぎです)

あとは丼ぶりによそったご飯に煮汁と共にかけ、好みで紅生姜や一味唐辛子を添えて出来上がりです。

※一度冷めたものを温め直す場合は、煮汁が飛んでなくなりやすいので水か酒を少し加えてから加熱するようにしてください。

【補足】

  • 一般的な買って食べる牛丼よりは少し甘めに仕上がります。シンプルな調味料のみで作っているため、砂糖やみりんで味の厚みを出すようにしているためです。
  • 冷凍保存も可能なので、まとめて作って冷凍しても便利です。
  • 暑い時期は大根おろしと刻みねぎなどの薬味を合わせて食べると、さっぱり美味しくいただけます!

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
牛丼
牛肉
玉ねぎ
生姜
ひき肉

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング