おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

トマトの炊き込みごはんのレシピ/作り方

トマトの炊き込みごはんの写真

調理時間:20分以下※炊く時間を除く

トマトを皮ごと大ぶりに切って、だし汁と香り付けの薬味と一緒に炊き上げます。

香り付けには生姜またはにんにくを。生姜は爽やかに、にんにくなら食欲そそる香りに仕上がるので、好みで使い分けてみてください。

このレシピのキーワード
トマト
夏野菜

印刷する

トマトの炊き込みごはんの材料 (2合分)

  • 米 … 2合
  • トマト … 200g(大なら1個、小なら2個)
  • 香り付け … 生姜10gもしくは、にんにく1/2片
  • オリーブオイル … 小さじ1
  • 粗びき黒胡椒や大葉 … 好みで
  • だし汁 … 約300ml(※)
  • みりん … 大さじ2
  • 醤油 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ3/4

※だし汁については「基本のだし汁の取り方」、または「そそぐだけ簡単だし」のページを参考に。

スポンサーリンク

トマトの炊き込みごはんの作り方

トマトの下ごしらえ

トマトの炊き込みご飯はトマト、だし汁、香り付けの生姜またはにんにくを使います。

まず、材料の下ごしらえのはじめに、米2合を研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分〜1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら炊き上がります。

※生姜なら10g、にんにくなら1/2片が目安ですが、それぞれみじん切りにしておきます。生姜は爽やかな仕上がり、にんにくなら食欲そそる仕上がりに。

トマトは半分に切ってからヘタを切り落とし、皮ごと乱切りにします(炊き上がれば煮崩れるので大きさは適当でOKです)。

トマトの炊き込みのレシピ/作り方

米が浸水できたら、一度ざるに上げてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。そこに醤油、みりんを先に加え、だし汁を2合の目盛より少し少なめに注ぎ入れます

トマトから水分が出るので、水気は少し控えめくらいがちょうどよいです。続けて塩を加えて、さっと全体を混ぜ合わせます。

※だしは2合に対して300mlが目安の分量ですが、目盛を優先させ、余ったら他の料理に活用してください。

あとはトマトと香り付けの生姜またはにんにくのみじん切りをのせ、最後にオリーブオイル小さじ1を加えます。

炊飯器をセットしてスイッチを押します(浸水しているので、普通コースで炊いてOKです!)。

炊き上がれば底からさっくりと混ぜ合わせて完成。

器に盛り付けてから、粗びき黒胡椒をふったり、大葉の千切りをそえたりしても美味しいです。

【補足】

  • ベーコン30gほどを細かくきざんで一緒に炊き込んでも美味しいです。
  • 炊飯器の炊き込みご飯コースで炊くなら浸水を省いてもOKですが、時間があれば浸水してから普通コースで炊くのがおすすめです。
  • 浸水なしで炊く場合は、研いだ米をざる上げして、そこに同じようにAや具材、オリーブオイルを加えて炊いてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
トマト
夏野菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ