おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

しらすと生姜のさっと煮のレシピ/作り方

しらすと生姜のさっと煮の写真

調理時間:10分以下

しらすにたっぷりの生姜をきかせて、あっさりとした味わいの煮物(佃煮)に仕上げます。

ごまや大葉をきかせると風味もよくなるのでおすすめです。

このレシピのキーワード
じゃこ
生姜

印刷する

しらすと生姜のさっと煮の材料(2〜3人分)

  • 釜揚げしらす … 50g
  • 生姜 … 50g
  • 大葉 … 2枚
  • 白いりごま … ひとつまみ
  • しょうゆ … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2

スポンサーリンク

しらすと生姜のさっと煮の作り方

しらすと生姜の下ごしらえ

メインの食材は『釜揚げしらす、しらすと同量の生姜』です。仕上げに風味をアップさせるために、大葉とごまをプラスします。

※このさっと煮では、乾燥させたちりめんじゃこよりも、やわらかい釜揚げしらすで作ったほうが美味しいと思うので、やわらかめのものを用意してみてください。

生姜は皮の近くが香り高いので、スプーンで表面の皮を薄く削るようにしてむき取ります

皮をむいた生姜は、繊維にそって1〜2㎜幅の薄切りにして、それを並べて端からせん切りにしていきます。→「せん切りのやり方」も参考に!

鍋を火にかける前に、Aの調味料をすべて入れて軽く混ぜ、はじめに生姜を広げ入れ、上にしらすをのせます

※調味料が少なめなので、生姜に火が通りやすいよう、生姜を下に並べ入れるとよいです。

しらすと生姜のさっと煮のレシピ/作り方

鍋を中火にかけ、沸いたら少し火を弱めます。そのまま1分ほど煮て、生姜に軽く火を通します。1分後に、箸で全体を混ぜ合わせます。

全体を混ぜ合わせたら、火加減そのままで、時おり混ぜながら2分ほど煮ます

2分後の鍋の状態は、生姜がくったりとして、鍋底には煮汁がまだ薄く一面に残っているくらい。これで完成となるので、器や保存容器に煮汁ごと移します。

食べるときに、ごまを散らし、大葉をちぎって加えると、香りよく食べることができるのでおすすめです。

【補足】

  • 冷蔵庫で3〜4日ほど日持ちします(大葉は色が変わりやすいので、食べるときに加えるとよいです)。
  • 年中購入できる生姜でOKですが、みずみずしい新生姜で作っても美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ