おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ふきの炊き込みご飯のレシピ/作り方

ふきの炊き込みご飯の写真

調理時間:20分以下※浸水や下ごしらえの時間を除く

材料は「茹でたふき、鶏肉、干し椎茸」の3つで、それぞれの持ち味がバランスよく合わさることで非常に食べやすい炊き込みご飯に。

とはいえ、このレシピはあくまでふきがメイン!ふきたっぷりの春らしい炊き込みご飯をぜひお楽しみください。

このレシピのキーワード
ふき
春野菜

印刷する

ふきの炊き込みご飯の材料 (2合分)

  • 米 … 2合
  • 茹でたふき … 150g
  • 鶏もも肉 … 100g
  • 干し椎茸 … 中1個または小2個ほど
  • 椎茸の戻し汁 … あるだけ全部
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • みりん … 大さじ2と1/2

スポンサーリンク

ふきの炊き込みご飯の作り方

ふきの炊き込みご飯の準備

材料は「茹でたふき、干し椎茸、鶏もも肉」です。鶏肉は炊き込みご飯用にカットされたもも肉を買ってくるか、皮ごと1㎝四方くらいに切ります。

まず、干し椎茸は戻るのに時間がかかるため、事前に水100mlほどを加えて上にキッチンペーパーをかぶせ、水戻ししておきます。

また、ご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分〜1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなってふっくら炊けます!

※浸水なしで研いだ米をざる上げして、そこに戻し汁や調味料を加えて炊くこともできます。炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。

また、メインの具材となるふきは茹でたら数日間保存できるので、自分で茹でる場合は事前に茹でておくと便利です。※『ふきの茹で方』に詳しくまとめています。

手順としては、大きな鍋やフライパンの幅に合わせてふきを切り、たっぷりの塩をまぶして板ずりをしてから茹でます。茹で時間は3~5分です。

茹でた後は両側から筋取りをして、水に浸けて冷蔵保存。この状態にしておけばいつでも料理に使えるようになります。

茹でたふきはしっかりと水気を切って6~7㎜幅に、戻した干し椎茸は半分に切ってから4~5㎜幅に切ります(戻し汁は捨てずに取っておきます)。

ご飯になじみやすいよう細かめに切った鶏肉は、生のまま炊き込むよりも熱湯をまわしかけて余分な臭みや脂を落とし、ざる上げしたら塩ひとつまみで軽くもんで下味をつける、このように下ごしらえしてから炊き込むのがおすすめです。

ふきの炊き込みご飯のレシピ/作り方

炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして釜に入れ、椎茸の戻し汁やAを合わせること』『炊飯器の目盛を優先して水加減した後に、具材をはじめから入れて炊くこと』です!

浸水した米は一度ざるにあけてしっかり水気を切り、炊飯器の内釜に移します。まず、椎茸の戻し汁を茶漉しなどを通して全量加えます(細かいごみがあることが多いため)。それからAの醤油とみりんを加え、最後に水を2合の目盛までそそぎ入れてから具を上にのせます

あとは炊飯器にセットします。浸水しているので普通コースで炊いてOKです。

ご飯が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせて完成です。

※工程①で米を浸水させる時間が取れないときは、研いですぐの米に戻し汁や調味料を合わせ、具材を上のようにセットして、炊き込みご飯コースで炊いてください。

【補足】

  • 3合を炊く場合の調味料は「醤油(あれば薄口)大さじ4弱、みりん大さじ4弱」が目安となります。
  • ちなみに、上の写真の炊き上がりは薄口醤油を使用した時のものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ふき
春野菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ