おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

牛肉の炊き込みご飯のレシピ/作り方

牛肉の炊き込みご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊飯の時間を除く

牛肉の炊き込みご飯は、だし汁を使わず、シンプルに牛肉のうまみに生姜やにんにくをほのかにきかせて作ると美味しいと思います。

牛肉だけなのに、こんなに美味しい?!と唸らずにはいられません(個人的な感想です)。ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
牛肉

印刷する

牛肉の炊き込みご飯の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • 牛こま切れ肉 … 100gほど
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • にんにく … 1/2かけ
  • 粗びき黒胡椒 … 少々
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • 醤油 … 小さじ2
  • 酒 … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2

スポンサーリンク

牛肉の炊き込みご飯の作り方

牛肉の炊き込みご飯の材料

牛肉の炊き込みご飯は、特にだし汁を使わず、牛肉のうまみと生姜、にんにくの風味を合わせて作ります。

まず、米を研いで炊飯器の内釜にセットし、1合分より少し多いくらいの水を加え、30分〜1時間ほど置いて浸水させます(←後から調味料を加えるので、その分を考えてはじめに加える水を少なめにします)。

※牛肉は赤身と脂身のバランスのよいものを選ぶとよいです。また、浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しい炊き込みご飯になります!

牛肉はご飯になじみやすいように1㎝幅に切り、生姜とにんにくはみじん切りにします。

牛肉の下ごしらえ

牛肉は下味をつけてから炊き込むことで、しっかりとした味わいとなります

フライパンにサラダ油小さじ1/2を熱し、生姜とにんにくを炒めます。香りが立ってくれば、牛肉を加えます。

牛肉を箸でほぐしながら炒め、ある程度色が変わってきたら、Aの調味料を加えます。牛肉の色が変わって、火が通れば火を止めます。

牛肉の炊き込みご飯のレシピ/作り方

米の浸水が完了したら、Bの調味料を加えてさっと混ぜ合わせ、そこに2合の目盛よりほんの少し足りないくらいまで水を加えます

そこに工程②で作った下味をつけた牛肉を煮汁ごと加えます。

※煮汁が後から入るので、はじめに加える水はそれを考えての”少し足りないくらい”です。

牛肉を箸で全体に広げ、炊飯器にセットして、炊飯のスイッチを押します(浸水しているので普通コースでOK!)。

炊き上がれば底からさっくりと混ぜ合わせて、器によそったら好みで粗びき黒こしょうをふりかけて完成です。

【補足】

  • 炊飯器の炊き込みご飯コースで炊くなら浸水を省いてもOKですが、時間があれば浸水してから普通コースで炊くのがおすすめです。
  • ちなみに、白ごはん.comの炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら醤油を少し減らして作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ