おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

大豆と豚バラ肉の炊き込みご飯のレシピ/作り方

大豆と豚バラ肉の炊き込みご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

大豆のドライパックや水煮を使い、豚バラ肉と生姜を合わせて炒め合わせ、食べ応えのある炊き込みご飯に仕上げます。

作り方は炊き込みご飯にしては手軽でシンプルな方ですが、とっても味わい深いごはんになってくれます。

このレシピのキーワード
大豆
豚肉

印刷する

大豆と豚バラ肉の炊き込みご飯の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • 大豆(ドライパックや水煮) … 100g
  • 豚ばら肉(薄切り) … 100g
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • 刻みねぎ … 少々
  • 粗びき黒こしょう … 少々
  • だし汁 … 約300ml
  • 濃口醤油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2

スポンサーリンク

大豆と豚バラ肉の炊き込みご飯の作り方

大豆と豚肉の炊き込みご飯の下ごしらえ

大豆と豚肉のご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分〜1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなってふっくら炊けます!

また、大豆はドライパックの缶詰や袋製品(もしくは水煮でもOK)を用意し、豚バラ肉は1㎝幅に、生姜はせん切りにします。

※浸水なしで研いだ米をざる上げして、そこにAを加えて炊くこともできます。炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。

炊飯器で炊き込みご飯を炊く前に具材は一度炒めて、豚肉をほぐして生姜の風味を全体に移しておきます。まず、フライパンに豚肉と生姜を入れてから中火にかけます。箸で肉をほぐしながら火を通し、豚肉がほぐれてきたら塩ひとつまみ(分量外)で下味をつけます。

そこに大豆を加えて、軽く炒め合わせれば炊く前の準備が完了です。

大豆と豚肉の炊き込みご飯のレシピ/作り方

米が浸水できたら、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAを合わせること』『炊飯器なら目盛を優先して、だし汁を最後に調整すること』『具材をはじめから入れて炊くこと』です!

炊飯器なら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。そこに醤油、みりんを先に加え、それからだし汁を2合の目盛を優先に注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。

※だしは2合に対して300mlが目安の分量ですが、目盛を優先させ、余ったら他の料理に活用してください。

炊飯器の内釜に①で炒めた具を加えます。あとは炊飯器にセットして炊いていきます(浸水させていれば普通コースで炊いてOKです)。

ご飯を炊いている間に、細ねぎを刻んでおきます(仕上げには刻みねぎに加え、粗びき黒こしょうを振ると味が引き締まって美味しくなってくれます)。

ご飯が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせ、茶碗に盛ってから刻みねぎをちらし、黒こしょうを振って完成です。

【補足】

  • 大豆は蒸し大豆や水煮など、いろんな種類がありますが、水煮よりも蒸し大豆などのドライパックの方が味わいが濃く仕上がる気がします
  • もち米を1〜2割ほど混ぜて、もっちり炊きあげても美味しい炊き込みご飯です。
  • 参考までに、鍋炊きする場合は、米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って鍋に移します。そこに、だし汁350ml(鍋炊きの場合のみ350ml)、醤油、みりん各大さじ2と1/2を合わせたものを注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせます。鍋炊きの詳細ページも参考に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ