春の山菜料理、山菜のお浸しのレシピ/作り方

春野菜(山菜)のお浸しの写真
このサイトは、料理研究家 冨田ただすけによる、昔ながらのほっこり系ごはんを伝えるためのレシピサイトです ⇒ HOME画面へ
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

春の山菜料理、山菜のお浸しのレシピ/作り方

香りと食感がさまざまな春野菜はなんといっても“お浸し”が美味しいです!
今回はスーパーや百貨店などでも手に入れやすい、たけのこ、ふき、こごみ、うるい、せりを使って、下処理から作り方を紹介します!
お浸しのレシピも、だし:みりん:醤油が8:1:1のシンプルなものです。

春野菜(山菜)のお浸しの写真

 【 春野菜のお浸しの材料 】

  • たけのこ、ふき、せり、こごみ、うるいを適量
  • だし:薄口醤油:みりん … 8:1:1で適量
    ※詳しくは下記レシピを参考にしてください
    ※山菜はその他、わらび、根三つ葉、蕗の薹などでも
スポンサーリンク

  1. 山菜の下処理のやり方/方法

    【 こごみの下処理 】
    こごみはアクが少なく、ゆでるだけで食べられる最も手軽な山菜。ほのかな香りと少しのぬめりがあります。 茎の硬い部分を切り落とし、長さを半分ほどにしてさっと塩ゆでします。
      

    【 うるいの下処理 】
    うるいは別名を“ぎぼうし”とも言い、こごみと同じく食べやすい山菜です。 わけぎのような甘みとぬめりがあり、最近スーパーでも出回っている栽培物はアクも少なく食べやすいです。 外葉をはずして、根元からさっと塩ゆでします。
      

    【 せりの下処理 】
    せりは春の七草でも有名で、もはや野菜とも言えるくらい普及している山菜です。 香りと歯ざわりが身上なので、ゆですぎに気をつけて塩ゆでします。 ゆがいたものはそれぞれ緑が栄えるように、冷水にとってすぐに冷まします。
      

    【 たけのこの下処理 】
    たけのこはアク抜きしたものを食べやすい太さに切り分けます → 詳しくは"たけのこのアク抜き"ページを参考にしてください
      

    【 ふきの下処理 】
    ふきは茹でて筋をとったものを3㎝幅に切っておきます。斜め切りにしても見栄えがよいです → 詳しくは"ふきの下処理"を参考に
      


  2. 山菜のお浸しのレシピ/作り方
    材料の下処理が終わったら、水気をふき取って、浸し地に漬け込むのですが、 せり、うるいは水気をしぼって3㎝幅に切り、切った後に必ず、もう一度しぼってから容器に入れることが大切です。 次にこごみ、ふきなどはしぼることができないので、しっかりと水気を切るか、キッチンペーパーなどで軽く水気を吸い取ってあげるとより丁寧です。

     

    下処理した春野菜を容器に入れたら、上の材料の通り、だし汁と薄口醤油、みりんを8:1:1の割合で合わせて加え(ひたひたになるくらいでOKです)、数時間待ちます。 2~3時間後から翌日までが食べごろです。好みで木の芽を散らしても華やかな見た目になってくれます。



    【 補足 】
    ・もちろんすべてそろえなくても、たけのことふき、うるいとこごみなどなど、単品でも2つくらいの組み合わせでも美味しいです。また、こごみやふき、たけのこお浸しは、春の季節のちらし寿司の具材にしても美味しいです。



    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・たけのこ料理いろいろ … たけのこの煮物、 若竹煮、 たけのこのお吸い物、 たけのこの木の芽焼
    ・炊き込みご飯いろいろ … 豆ごはん、 さつま芋ご飯、 牡蠣ご飯、 鯛めしのレシピ


    ↑豆ごはんは塩だけで味付け。豆をはじめから炊き込むことで香りがよくなります!
【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

トップページアイコン
簡単スピードCookアイコン
LINEブログアイコン ブログアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!