おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

とうもろこしご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方

とうもろこしご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間は除きます

旬の甘いとうもろこしを、少し塩をきかせた塩ごはんに炊き上げます。我が家の娘も大好きな、夏の炊き込みご飯です!

とうもろこしのプリッとした食感と甘み、それらがほんとうに塩気のあるごはんとよく合います。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
とうもろこし
お弁当
夏野菜

印刷する

とうもろこしご飯の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • とうもろこし … 1/2~1本
  • 塩(自然塩) … 小さじ1と1/3
  • 酒 … 大さじ1/2(好みで)
  • ※精製塩を使うときは小さじ1ほどにするとよいです。

スポンサーリンク

とうもろこしご飯の作り方

とうもろこしご飯の下処理

米2合に対するとうもろこしの量は、1/2本か1本のどちらかがいいです。1本なら具だくさんに感じられます。コーン缶でも作れるのですが、旬の時期にはやっぱり『生のとうもろこしを使って炊き込む』のがいちばん!とうもろこしの実のむき方を下に紹介します。

とうもろこしはまず皮をむいて根元を切り落とし、実をむきやすくするために半分に切ります。

続いて、まな板の上にとうもろこしを縦に置いて、芯のまわりの実を包丁で切り落とします。

ちょっと上級者のやり方になるのですが、上の切り落とすやり方よりも、一つ一つの粒がきれいに残る方法で「かつらむき」の容量で、ぐるりと実をむき取る方法もあります(こちらは手をケガしないように注意してくださいね!)

とうもろこしご飯(炊き込み)の作り方/レシピ

とうもろこしごはんを炊く前に、白ごはんを炊く要領で米を研ぎます。炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。ポイントは『塩を加えたら、やさしく混ぜてしっかり溶かすこと』『とうもろこしをはじめから入れて炊き始めること』です!

炊飯器なら … 研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。30分~1時間ほどそのまま浸水させたあとに、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。最後にとうもろこしを上に広げて炊飯します。

鍋炊きなら … 研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400~450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、とうもろこしを上に広げてから鍋炊きします → 鍋炊きの詳細ページも参考に。

ごはんが炊き上がれば、酒大さじ1/2ほどを全体にひと振りして蒸らしても、酒のコクと風味がプラスされて味に深みが出ます(これはお好みで)。全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

【補足】

  • 3合を炊く場合は、とうもろこしを1本にして、加える自然塩を小さじ2に増やしてください。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。

夏のもう一つのおすすめ塩系炊き込みごはん!

とうもろこしと同じように枝豆も生のまま炊き込むことで、美味しい炊き込みご飯となります!ぜひお試しください。「枝豆ごはんのレシピ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ