おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なすとピーマンの味噌炒め(なべしぎ)のレシピ

なすとピーマンの味噌炒め(なべしぎ)の写真

調理時間:20分以下

味噌をたっぷり使った甘辛い味付けだから、白ごはんが進みます!これは食欲の落ちる暑い時期にぜひ作りたいレシピ。

このなすとピーマンの味噌炒めは“なべしぎ”とも言いますが、簡単なわりに主菜としても使えるのもいいところです。

このレシピのキーワード
なす
ピーマン
みそ
夏野菜
お弁当

印刷する

なすとピーマンの味噌炒めの材料(2~3人分)

  • なす … 3本(300g程度)
  • ピーマン … 3個
  • 豚バラ肉(薄切り) … 50gほど
  • サラダ油 … 大さじ2
  • 赤味噌 … 大さじ2
  • 砂糖  … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • 濃口醤油  … 小さじ1程度(調整用)

スポンサーリンク

なすとピーマンの味噌炒め(なべしぎ)の作り方

なすとピーマンの味噌炒めの材料の準備

このレシピになすとピーマンは必須ですが、豚肉(バラ肉やひき肉)、ベーコンを加えても、コクが出て美味しくなります。 今回は豚バラ肉が冷蔵庫にあったので、50gほど加えました。ボリュームを出したいときは肉を増やしてもよいと思います。

それぞれの切り方は、大きめのひと口くらい。ピーマンは種を取り除いて、縦に1㎝幅ほどに切ります。 なすは、大きさをそろえて乱切りにして、アク抜きのために一度水にさらします。さらす時間は5分ほどでOKです。

なすとピーマンの味噌炒めのレシピ

まず、具材を炒める前に、Aの味噌だれを事前にボウルなどに合わせておきましょう。味噌などの溶けにくい調味料を直接加えると、どうしてもダマになりやすく、失敗の原因になりやすいためです。
※濃口醤油だけは、最後の塩気の調整で加えるので、まだ合わせないでください。
※味噌にはいろいろな種類がありますが、その中でも私はいつも『赤味噌(豆みそ)』を使っています。ほのかな渋みとコクがこの炒め物と相性がよいと思います。

フライパンにサラダ油の半量(大さじ1)を入れて、はじめに豚肉を炒め、両面をさっと焼いたら次になすを加えます。 なすを入れたら残りのサラダ油(大さじ1)を足し入れフライパンをたまに振って、なす全体に火が通るようにして、表面が色づきはじめたらピーマンを加えます。

※サラダ油は合計大さじ2ほど加えますが、それはなすと油の相性が非常にいいから。サラダ油が少し多い方がなすにコクがプラスされて美味しくなります。

ピーマンに火が通った頃に、先に作っておいた味噌だれを入れ、全体を混ぜ合わせてから3~4分ほど弱火で煮詰めます。 最後に味を見て、塩気が足りなければ濃口醤油で調整してあげます(今回は小さじ1程度加えました)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ