おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

枝豆ごはんのレシピ/作り方

枝豆ごはんの写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

枝豆は春の豆ごはんと同じ豆類なのに、さほど炊き込みご飯の具として用いられません。それは本当にもったいない!

夏に一番おすすめできる炊き込みご飯だと思っています。枝豆の風味と甘みがしっかり感じられる美味しい炊き込みに仕上がります。ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
枝豆
夏野菜
お弁当

印刷する

枝豆ごはんの材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • 枝豆(さや付き) … 150gほど
  • 塩(自然塩) … 小さじ1と1/3
  • 酒 … 大さじ1/2(好みで)
  • ※精製塩を使うときは小さじ1ほどにするとよいです。

スポンサーリンク

枝豆ごはんの作り方

枝豆ごはんのポイント

ゆでた枝豆を後から混ぜ込むレシピが多いですが『さやから出した枝豆を、はじめから一緒に炊き込むのが一番美味しい!』と思います。 そうすることで炊きあがったごはんと枝豆がよくなじんでくれるんです。

枝豆はそのままだとさやから実を取り出しにくいので、熱湯で1分ほどさとゆでてあげます。ざる上げして水に浸してさっと熱を取り、さやから実を取り出します。

※冷凍の枝豆だとは風味が落ちるので、ぜひさや付きの枝豆を購入して作ってみてください。分量は2合でさや付き150gとしていますが、多少の誤差はまったく気にならないレシピです。

枝豆ごはんの炊き方

枝豆ごはんを炊く前に、白ごはんを炊く要領で米を研ぎます。炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。ポイントは『塩を加えたら、やさしく混ぜてしっかり溶かすこと』『枝豆をはじめから入れて炊き始めること』です!

炊飯器なら … 研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。30分~1時間ほどそのまま浸水させたあとに、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。最後に枝豆を上に広げて炊飯します。

※炊飯器の炊き込みご飯コースで炊くなら浸水を省いてもOKですが、時間があれば浸水してから普通コースで炊くのがおすすめです。

※参考までに鍋炊きなら … 研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400~450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、枝豆を上に広げてから鍋炊きします → 鍋炊きの詳細ページも参考に。

枝豆ごはんが炊き上がれば、酒大さじ1/2ほどを全体にひと振りして蒸らしても、酒のコクと風味がプラスされて味に深みが出ます(これはお好みで)。全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

【補足】

  • 3合を炊く場合は、枝豆(さや付き)を200g、加える自然塩を小さじ2に増やしてください。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ