おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おいしいそら豆のゆで方/ゆで時間

そら豆のゆで方/ゆで時間の写真

調理時間:10分以下

そら豆はとっても味が濃くて、実もほっこり。ただ塩ゆでしただけのものでも、食卓にのぼれば立派な一品となってくれます。

切り込み、塩の量、ゆで時間など、ポイントもいくつかありますので、参考にしてみてください!※レシピ下に動画も追加しました!

このレシピのキーワード
そら豆
お弁当
お酒のつまみ

印刷する

ゆでそら豆の材料(2~3人分)

  • そら豆 … さや付きで400~500g
  • 塩 … ゆでる水に対して2%(※)

※水800mlに対しては塩15g(大さじ1)ほど

スポンサーリンク

おいしいそら豆のゆで方/ゆで時間の作り方

そら豆の選び方と切り込みの入れ方

そら豆は別名"一寸豆”。一寸(3㎝)ほどの大きさの豆になるので、さやの中がしっかり詰まっていそうなものを選びましょう。また、豆類は全般的に鮮度が落ちやすいので、さや付きで買うことをおすすめします。

そら豆はさやから出したら、ゆでる前にぜひやってほしい下ごしらえがあります。それは切り込みを入れること。
下の写真のように、黒い部分の反対側に浅く切り込みを入れます。そうすることで塩がまわりやすくなり、食べるときにも実を出しやすくなります! 切り込みは浅めに長さ1.5~2㎝ほどで十分です。

そら豆のゆで方/ゆで時間

下ごしらえができたら、鍋に湯を沸かし、水1Lに対して塩大さじ1強くらい、しっかり塩をきかせてゆでます。ゆで時間は2分半~3分ほどです。 ひとつ食べてみてゆで上がっていたら、ざるに上げてあつあつを食卓に持っていきましょう!おしりに切り込みを入れているので、指で間単に押し出せるようになっています。

そら豆のゆで方の動画

youtubeに一連の流れを動画にしてアップしていますので、こちらも参考にしてみてください。

【補足】

  • 3㎝に満たないものや、若くて内皮が柔らかいものは、ゆで時間が1分半~2分くらいでも十分なものもあります。適宜ゆで時間を調整してみてください。
  • そら豆は生の状態で薄皮をむくのがちょっと面倒な豆でもあるので、炒め物や和え物に使うときもゆでてから使うことが多いと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ