おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

簡単ゴーヤ料理(ごま和えやおひたし)のレシピ/作り方

簡単ゴーヤ料理(ごま和えやおひたし)の写真

調理時間:10分以下

暑い夏はゴーヤをたくさん摂りたいもの。毎日ゴーヤチャンプルーを食べるわけにもいかないので、上手にゴーヤを副菜として料理することがポイントとなってきます。ここでは「ごま和え」「おひたし」「おかか和え」、3種の簡単料理を紹介します。

ゴーヤを手軽に美味しく食べるコツは『油を少しだけ加えること』。苦味をマイルドにしてくれます!

このレシピのキーワード
ゴーヤ
ごま和え
おひたし
かつお節

印刷する

簡単ゴーヤ料理の材料(分量は下記参照)

  • それぞれ下記レシピに記載しましたので、レシピを参照してください!

スポンサーリンク

簡単ゴーヤ料理(ごま和えやおひたし)の作り方

ゴーヤのわたの取り方

ゴーヤのわたはしっかり取った方がよい?一般的にはそう言われることが多いですが、実はそうではないんです! 下ごしらえの基本的なところを詳しく紹介していますので「ゴーヤの苦みをとる下処理」のページを参考にしてみてください。 ゴーヤはごま和えやおひたしなどの簡単な副菜なら2mm幅くらいに切るのが、薄すぎず厚すぎず程よい厚みだと思います。

ゴーヤのおかか和え

ゴーヤの一番の簡単レシピだと思います。美味しく作るコツは『鰹節の分量と油』です!下ごしらえして水気を切ったゴーヤをボウルに入れ、ゴーヤ1本に対して鰹節パックを2袋加えます。後は濃口醤油を小さじ1と1/2程度加え、ゴーヤの苦味をマイルドにしてくれる『油』を加えて完成です! その油は2種類。『醤油と一緒にオリーブオイルを少し加える』か『食べるときにマヨネーズを少し添えて』いただきましょう!

※ゴーヤは1本の大きさがまちまちなので、醤油の分量は目安としてとらえ、ご家庭で加減してください!また、ゴーヤは鰹節と相性がよいので、できるだけたくさん入れてください!

ゴーヤのごま和え

ゴーヤはごま和えにも適しています!ごま和えの美味しさのポイントは『ごま油と生姜』です。ゴーヤ1本に対して、いりゴマ大さじ2、濃口醤油小さじ2、砂糖小さじ2をすり鉢の中で合わせます(ごまは半ずりにしましょう!)できれば針生姜、時間がなければおろし生姜を用意します(針生姜なら箸で一つまみ、おろし生姜なら小さじ1/2程度)。 最後の仕上げに『ごま油を小さじ1/2程度加え』軽く混ぜ合わせて完成です。

※このごま和えに鰹節1パックほどを加えても、香りがよくなり、より美味しくなります!また、ゴーヤは1本の大きさがまちまちなので、醤油の分量は目安としてとらえ、ご家庭で加減してください!

ゴーヤのお浸し

ゴーヤのおひたしはゴーヤ本来の味が好きな方にオススメです!下ごしらえしたゴーヤを準備し、鰹だし:薄口醤油:みりんを8:1:1で合わせます。
※ゴーヤ1本であれば、鰹だし160ml(カップ3/4強)、醤油とみりんを各20ml(大さじ1と小さじ1)を目安に合わせてください。あとは冷蔵庫に入れて1時間以上浸せば、完成です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ