おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

手作り梅肉エキスのレシピ/作り方

手作り梅肉エキスの写真

調理時間:60分超過

夏ばてに、腹下しに、二日酔いに…。「昔からのおばあちゃんの万能薬」ですが、作り方はなかなか大変です。

そして青梅1kgから40gくらいしかできません。作った本人はもったいなくて軽々食べれませんが、 家族にはきっと喜ばれますので、青梅を大量に手に入れたら作ってみてください。

このレシピのキーワード
保存食
市販品を自家製で

印刷する

手作り梅肉エキスの材料(作りやすい分量で)

  • 青梅 … 2kg(今回作った分量です)

スポンサーリンク

手作り梅肉エキスの作り方

まずは青梅の下処理

梅は熟す前の硬い青梅を使用し、まずさっと洗った後に、ヘタを竹串で取り除きます。それからすりおろして煮詰めるので、すりおろし器を用意します。 おすすめは、セラミック製のおろし器。酸にも強く、据え置き型なので、おろしやすいです。その他に準備しておくものは、酸に強いホーロー鍋や土鍋などの鍋、清潔な布巾です。

※青梅は、おろさずに種を除いたものをフードプロセッサーでジュース状にする方法もありますが、2~3kgくらいならおろす方法のほうが効率が良いと思います。

梅をすりおろして、絞りこす

青梅はごりごりと種を残しておろします。汁も実もすべて捨てずに別容器にとり、それを布巾でこしていきます。 出来上がりは煮詰めて少なくなってしまうので、しっかりと果汁をしぼり出します。

こした汁を煮詰める

こした汁は土鍋などの酸に強い鍋でぐつぐつ気長に煮詰めていきます。沸騰してからは弱火にして、ときどきでいいのでゴムべらで焦げ付きやすい鍋肌や鍋底をまぜてあげます。だんだん煮詰まってきて、煮汁が少なくなってきます。

汁量が1/5程度になったら、ここからは底が焦げないように気を使いながらどろっとするまで煮詰めます。出来上がったものは、殺菌したビンに詰め替え、何かあるたび耳かき1杯分くらいを口に含みます。凝縮された梅の酸味が、体をなんだかシャキッとさせてくれる自然のお薬です。

【補足】

  • 保存は室温でもOKですが、直射日光があたったりするのはNGですし、長い期間開け閉めしてスプーンなどで取り出すことを考えると、冷蔵庫の方が適しているような気がします(そんなに場所もとらないですし)。もちろん長年保存可能です!
  • 今回2㎏分の梅汁を煮詰めたのですが、時間の関係で1回でまとめて煮詰めきれなかったので、二日に分けて煮詰めました。煮詰める時間が長くかかるので、じっくり時間をかけることのできるときに火にかけるとよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

体があったまる鍋&汁物ランキング