おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

とうもろこしのゆで方/ゆで時間/塩加減

とうもろこしのゆで方/ゆで時間の写真

調理時間:20分以下

とうもろこしが旬の時期には、おやつに献立の一品に、塩ゆでのとうもろこしが大活躍。 料理屋に勤めている時に教えてもらった、ジューシーに甘く仕上げるとうもろこしのゆで方を紹介しようと思います!

塩加減、茹で時間、その保存方法まで、覚えておくと便利なことがいっぱいです。

このレシピのキーワード
とうもろこし
お弁当
夏野菜

印刷する

とうもろこしの塩ゆでの材料(ゆでやすい分量)

  • とうもろこし … 適量
  • 塩 … ゆで湯に対して2~2.5%の塩

水1.5Lなら塩大さじ2ほど

スポンサーリンク

美味しいとうもろこしのゆで方/ゆで時間/塩加減

とうもろこしをゆでる前の下処理

とうもろこしはゆでる前に皮をむきますが、皮を1枚だけ残してからゆでます。 ジューシーなままゆで上がるからです。また、ゆでたあとに残った皮をむくと、ひげを簡単にきれいに取り除くこともできます。

※2枚目写真の右側のとうもろこしのように、1枚だけ皮を残してむき、茎の部分を切り落としておきます。

とうもろこしをゆでる鍋と塩加減を決める

次にとうもろこしをゆでる鍋と水の分量・塩の分量を決めます。①で下処理したとうもろこしがすっぽり入るくらいの鍋を用意し、とうもろこしがひたひたになるまで水を加えます。 このときどれだけの水を加えたかを量っておき、その水に対して2~2.5%の塩を用意します。
※とうもろこしは塩を加えた水を沸騰させた後に入れるので、一度取り出しておきましょう!

※今回は水が1.5L入ったので、その2.5%の塩37.5g(精製塩で約大さじ2)を加えました。

とうもろこしのゆで方とゆで時間

塩を加えたゆで湯が沸騰したら、①で用意したとうもろこしを鍋に入れます。 とうもろこしのゆで時間は10~12分。途中2~3度とうもろこしを鍋の中で回転させてあげてください。 落とし蓋があれば落とし蓋をして、なければアルミホイルなどを上にかぶせて、中火から弱火の火加減でゆでます。

※とうもろこしがゆで上がっても、すぐにざる上げしないでください!詳しくは次の④を↓

ゆでたとうもろこしを食べるまで

とうもろこしがゆで上がったら、そのまま10分間ゆで湯につけたまま放置しておきます。 そうすることで、適度に粗熱が取れると同時に、とうもろこしに塩が入り、食べたときにより甘く感じるようになります! 10分たったらざる上げして、皮をむきとってからいただきましょう!

【補足】

  • もし、とうもろこしを冷ましてから食べる場合は、1日くらいゆで湯が冷めた塩水につけておいてもOKです。 料理屋では塩水に1日つけたものを使用することも多々ありました。しかし家庭の冷蔵庫でスペースがない場合は、粗熱が取れてから取り出し、ラップに包んで保存しておくとよいです。

同じ夏に旬をむかえる枝豆も塩加減が決め手です!

枝豆のゆで方にも塩加減と下ごしらえにちょっとしたコツがあります。こちらもぜひご覧ください。「枝豆のゆで方」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ