おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

簡単美味しい豆腐丼のレシピ/作り方

豆腐丼の写真

調理時間:10分以下

ネットで“豆腐丼”と検索すると、タモリさんの豆腐丼のレシピがたくさん出てきます。 豆腐丼って、短時間でしかも絶対美味しい丼ぶりに出来上がる優れもの!(薬味によっては火も使わないレシピになりますよね)

タモリさん、目の付け所がさすがです!!と思いつつ、家庭でアレンジしやすいベーシックな豆腐丼のレシピをここでは紹介したいと思います。

このレシピのキーワード
豆腐
じゃこ
納豆
ねばねば

印刷する

簡単美味しい豆腐丼の材料(1人分)

  • 絹ごし豆腐 … 一人分で1/2丁くらい
  • 納豆 … 一人分で1パック
  • キムチ … 一人分で50gくらい
  • オクラ … 一人分で2~3本
  • じゃこ … ひとつまみ
  • ごまや揚げ玉 … ひとつまみ
  • その他、薬味ねぎ、大葉の千切り、卵、切り海苔、 鰹節、明太子など、家にあるお好きなもので。
  • 濃口醤油 … 適量

スポンサーリンク

簡単美味しい豆腐丼の作り方

豆腐丼の材料を準備する

豆腐丼のメイン食材の豆腐は、『絹ごし』でも『木綿』でもお好みで使い分けてください。 どちらがおすすめかと言われたら、なめらかな食感で食べやすい絹ごし豆腐がいいと思います。 その他、今回入れた豆腐丼の材料は、納豆、キムチ、薬味ねぎの刻んだもの、ゆでたオクラを刻んだもの、揚げ玉、ちりめんじゃこです。

※組み合わせとしたら「豆腐と食感の違うもの(キムチや揚げ玉)」、「粘りやとろみが出て食べやすくなるもの(納豆、オクラ、卵など)」、「うま味がプラスされるもの(鰹節、じゃこ)」、「辛いもの(キムチ、辛子明太子)」などをうまく組み合わせるとよいと思います! 豆腐丼は本当にアレンジしやすいので、その他、切り海苔、炒りごま、大葉の千切り、かつお節、卵、明太子など家にある薬味類をいろいろ試してくださいね!

豆腐丼のレシピ/作り方

豆腐丼の作り方は非常に簡単。ごはんの上に用意したそれぞれの具材を盛り付けるだけです。
 豆腐は大きめに切っておく(しっかり冷蔵庫で冷たくしておくとよい)。
 その他の薬味が用意できたら、ごはんを丼に盛る。
 ②のご飯の上に、まず豆腐を盛り付ける。あいたスペースにキムチやオクラ、納豆などの大きな具材を入れ、上からねぎ、揚げ玉などの薬味を散らす。
 豆腐にご飯の温度が伝わらないうちに、食卓に醤油と一緒に持っていく。

あとは、醤油をかけて、混ぜながらいただきます。どのくらい豆腐をつぶしながら食べるか、 どのくらい醤油をかけて食べるか、スプーンで食べるか、箸でかき込むようにして食べるか、それも全部お好みで。

【補足】

  • 個人的にぜひ入れたい具材は、やはり納豆、オクラ、キムチ、ですかね。暑い夏の時期でも、さらりと食べることができつつ、食べると元気のでる丼ぶりだと思います!
  • 紹介した薬味以外にも、モロヘイヤをゆでて刻んだものを入れたり、オリーブオイルを垂らしたり、、毎回違う組み合わせで私は楽しんでいます。

同じく5分でできる「しらす丼」もおすすめ!

釜揚げしらす、卵黄にたっぷり薬味、シンプルだけど満足感のある丼ぶりです。我が家の定番どんぶり、ぜひお試しください。「しらす丼のレシピ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ