おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方

なすの煮びたしの写真

調理時間:10分以下

ごはんに合う、簡単ななすのおかずといえば、この『なすの煮びたし』。油で揚げないので手間もかからず、翌日までおいしく食べられるのもうれしいおかずレシピです。

ただ、フライパンでの作り方のコツも。『はじめに油多めで炒めること』がポイントです!

このレシピのキーワード
なす
煮びたし
夏野菜

印刷する

なすの煮びたしの材料(2~3人分)

  • なす … 3本
  • 生姜 … ひとかけ(約10g)
  • きざみねぎ … 少々
  • サラダ油 … 大さじ2
  • だし汁 … 300ml
  • 薄口醤油 … 40ml(大さじ2と小さじ2)
  • 濃口醤油 … 15ml(大さじ1)
  • みりん … 40ml(大さじ2と小さじ2)
  • 砂糖 … 小さじ2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。また、薄口醤油がない場合は、濃口醤油に置き換えてください!

スポンサーリンク

なすの煮びたしの作り方

なすの煮びたしのなすの切り方

なすの煮びたしや揚げびたしを作るとき、『味の染み込みをよくする』『箸や口で皮を割きやすくする』ために、なすに切り込みを入れるとよいです。

まず、なすはヘタを切り落として縦半分に切り、皮の部分に2~3mm間隔で切り込みを入れます(深さはさほど深くなくてOK)。

次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。あとは水にさっとつけてアクを抜きます。

※なすを縦に細くすることで、フライパンから浮く箇所が少なくなり、炒めたときになすの皮目の色がきれいに仕上がります。

なすの煮びたしのその他の下ごしらえ

なすの煮びたしを作り始める前に、Aの調味料をカップなどに合わせておくと便利です。 ※なすの色をきれいに仕上げるために、薄口醤油も使いましたが、なければ濃口醤油に置き換えてください。

それから、煮汁に生姜の風味をつけたいので、生姜ひとかけは皮ごと包丁の背の部分で軽くつぶして使います。また、なすは炒める前にキッチンペーパーなどで水気をしっかりふき取っておきます。

なすの煮びたしの作り方/レシピ

なすは本来、油で揚げることで皮の紫色が安定し、きれいな色合いに仕上がります。 今回はフライパンで『はじめに多めの油でなすの皮を炒めてから煮る』作り方。 そうすることで、色の悪くなりやすい煮びたしでも、はじめに油で炒める効果によって、色がきれいに仕上がるのです。

加えるサラダ油は大さじ2。まずサラダ油と生姜を弱めの中火にかけ、生姜がブクブクいってきたら火を一度止めます。

なすの皮を下にして、フライパンにきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。

ここでなすの皮面を油で炒めて火を通します。※なすの先端の浮いた部分も時おり箸を使って押さえ、全体を炒めるようにするとよいです。

なすの皮面に火が通り、全体的にきれいな紫色になれば、なすを返します。残りの2面を軽く焼いてから、Aを加えます。

加えた調味料が沸いてきたら、そのまま3分ほどぐつぐつ煮ます。火からおろして煮汁ごと盛り付け、あればきざみねぎなどの薬味を散らして完成です。

【補足】

  • できたての熱々もおいしいですが、煮汁ごと冷ましてじっくり味が染み込んだ翌日に食べるのもおすすめです!(煮汁がしみ込むのでできたてよりも少し味が濃くなります)
  • 夏野菜たっぷりで作る『夏野菜の揚げびたし』にも、なすは欠かせません!→夏野菜の揚げびたしのレシピ
  • All Aboutにて『なすの揚げだし』のレシピも紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください!→なすの揚げだしのレシピ

なすを手軽にレンジでごま和えに!

火を使わずに電子レンジでなすに火を通し、手軽なごま和えも作れます!→「レンジ蒸しなすのごま和え」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

体があったまる鍋&汁物ランキング