おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鶏むね肉の唐揚げ&ねぎソースのレシピ/作り方

鶏むね肉の唐揚げ&ねぎソースの写真

調理時間:30分以下

鶏むね肉は、もも肉に比べてうま味やジューシーさは少ないですが、“低カロリー高たんぱく”で“経済的”でもあります。

今回はその鶏胸肉を使って、ご飯が進む唐揚げにするのですが、レシピのポイントは、醤油をきかせること、ねぎソースを合わせること。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
鶏肉
ねぎ
お酒のつまみ
揚げ物

印刷する

鶏むね肉の唐揚げ&ねぎソースの材料(2~3人分)

  • 【 鶏むね肉の唐揚げの材料 】
  • 鶏むね肉 … 1枚(300~400g)
  • 濃口醤油:酒 … 1:2の割合で適宜
    ※今回は醤油大さじ1、酒大さじ2を使用しました。
  • 生姜 … ひとかけ(約10g)
  • にんにく … 1/2かけ
  • 片栗粉 … 大さじ3~4
  • こしょう … 少々
  • 【 ねぎソースの材料 】
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1/3本
  • 濃口醤油 … 大さじ1と1/2
  • ごま油  … 大さじ1
  • 酢  … 大さじ1~1と1/2
  • 砂糖 … 小さじ1/2
  • 塩  … ひとつまみ
  • 一味唐辛子 … (好みで)少々

スポンサーリンク

鶏むね肉の唐揚げ&ねぎソースの作り方

鶏むね肉の下処理と味付け/レシピ

鶏むね肉は揚げている途中に芯まで火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。 まず鶏むね肉は食べやすい大きさにカットし、ボウルに入れます。

唐揚げの味付けは『濃口醤油 :酒 = 1 :2の割合で作った漬け汁』をひたひたになるまで加えます。 ※今回は鶏むね肉1枚(300g)に対して、醤油大さじ1、酒大さじ2を使用したらちょうどひたひたになりました。

次にひとかけ分の生姜のしぼり汁とおろしにんにくをボウルに加えます。 漬け込み時間は20分。つけ汁が少なめの場合などは途中上下を入れ替えるように混ぜてあげます。

※ビニール袋に入れてもみ込んで漬けてもOK。洗いものも少なく、より少ない調味料で作ることができます。

基本の唐揚げのレシピと違う点は、漬け込むたれの醤油の濃さ、にんにく入りかどうか。このむね肉の唐揚げは、後でソースを加えるので下味は薄め。もも肉に比べ肉の味があっさりめなのでにんにく入りです(にんにくはお好みで)。

20分経ったら漬け汁を捨てますが、この漬け汁の残し加減もポイントに。 漬け汁を完全に捨ててしまわずに、1割くらい残すのですが、それが衣の味付けになります。

次に、胡椒をうっすら振ってから、片栗粉大さじ3~4を加えてよく混ぜ、手にしっかり絡みつくくらいねっとりすれば準備完了です

※片栗粉は鶏肉300gなら大さじ3、400gなら大さじ4くらいを目安に加えるとよいです

鶏むね肉の唐揚げの美味しい揚げ方/作り方

鶏肉を揚げるとき、できれば2度揚げすると、中はジューシー、外はカリッと仕上がります(*時間のないときは、徐々に温度を上げるようにするとよいです)。

はじめは160℃ほどの中温で鶏肉を入れます。160℃で3分ほど揚げたら、一度取り出して鶏肉を3~5分ほど休ませ、その間に、油を190~200℃まで高くします。

最後に高温にした油に鶏肉を戻し入れ、1~2分程度揚げてから肉を取り出します。 低温で揚げた肉を休ませたことで、肉の中心までじんわり火が通っているため、表面だけをカリッと揚げる気持ちで。

胸肉の唐揚げに合わせる“ねぎソース”のレシピ

この鶏むね肉の唐揚げ、このままでも十分美味しいのですが、ひと手間加えるとまた違ったおいしさを楽しめます。 鶏むね肉自体があっさりとした味なので、ごま油を入れたコクのあるねぎソースを作って合わせても美味しいのです。

白ねぎはみじん切りにして、ボウルにすべての材料を合わせてよく混ぜ合わせます。お酢の分量と、一味唐辛子などの辛みを入れるかどうかはお好みで調整してみてください。 熱々の鶏むね肉の唐揚げに、ねぎソースをたっぷりかけていただきましょう!

【補足】

  • 「鶏むね肉の香味ソテー」でも紹介していますが、鶏むね肉を切るときに繊維を断つように切ったほうが、仕上がりがやわらかくなってくれます。
  • ねぎソースなしで食べる時は、粗挽きの黒胡椒と塩を少しだけふりかけてから、好みで少しのマヨネーズを添えて食べると美味しいと思います。
  • 器情報:清水なお子さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ