おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ピーマンの肉詰めのレシピ/作り方

ピーマンの肉詰めの写真

調理時間:20分以下

にんにくをきかせたジューシーな肉だねに、醤油とケチャップのソースで、ご飯のすすむ「ピーマンの肉詰め」になりました!

子どもに敬遠されがちなピーマンですが、きっと食べやすく感じてもらえると思います。肉だねを詰めるときのコツもまとめていますので、参考にしてみてください!

このレシピのキーワード
お弁当
ピーマン

印刷する

ピーマンの肉詰めの材料(2~3人分)

【 ピーマンの肉詰めの材料 】
  • ピーマン … 6個
  • 小麦粉 … 適量
  • サラダ油 … 小さじ1/2程度
  • 合びき肉 … 300g
  • 玉ねぎ … 1/2個(約100g)
  • パン粉 … 大さじ4
  • 牛乳 … 大さじ3
  • にんにくのすりおろし … 1/2かけ分
  • 塩 … 小さじ1/2
  • こしょう … 少々
【 仕上げのソースの材料 】
  • ケチャップ … 大さじ2
  • 濃口醤油 … 大さじ1
  • みりん … 大さじ1

スポンサーリンク

ピーマンの肉詰めの作り方

ピーマンの肉詰めの材料

ピーマンの肉詰めは、ハンバーグと同じような材料とピーマンを合わせる料理。 焼き上がりをジューシーにするために「牛乳」や「パン粉」を使い、風味をよくするために「にんにく」を使います。

ハンバーグと違うところは、ピーマンの風味をいかすために「ナツメグ」などのスパイスをあまり使わないことくらい。 あとは詰め方と焼き方に注意して仕上げれば、ばっちり美味しいピーマンの肉詰めが出来上がります。

※このレシピではソースが少し和風で、ケチャップ,醤油,みりんで作ります。醤油は特にピーマンと相性がよいのでぜひソースに入れたいところです!

ピーマンの肉詰めのレシピ/作り方(ピーマンへのつめ方)

肉だねを作る前に、ピーマンの下処理を行います(肉だねを作ったら、手を洗わずにそのままピーマンに詰めたいので)。

ピーマンは洗ってからそのまま縦半分に切ります。内側の“種とヘタの境目”に包丁で切り込みを入れ、手前におこすようにして種を取り除きます。 種を取り除いた後に、白い綿を指でつまんで取り除くとばっちりです。ピーマンをバットなどに並べ、小麦粉を茶漉しなどを通して全体に薄くふっておきます。

※種を取り除いた後にピーマンの内側に種が落ちることがありますが、水洗いせずにピーマンを下に向けて軽くたたいて落とすとよいです(洗うと水気をふき取るのが大変なので)。

肉だねを作るのはとってもシンプルです。まずは玉ねぎをみじん切りにします。 玉ねぎのみじん切りをボウルに入れ、上の材料の白丸(合びき肉~こしょう)をしっかり練り混ぜます。

たねができたら、打ち粉をふったピーマンにしっかりと詰めます。 詰める時のポイントは『少しこんもりとするくらいに詰めること』です。 こんもりさせたほうが、焼き上がりがジューシーになり、食べ応えもアップすると思います。

ピーマンの肉詰めのレシピ/作り方(焼き方とソース)

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱します。温まったらまずは肉だねを下にして、焼き色がつくまで1分ほどそのまま焼きます。 焼き色がついたら裏返し、30秒ほどピーマンを下にして焼いてから、蓋をして弱火にして4~5分蒸し焼きにします。

4~5分で大丈夫だとは思うのですが、はじめて作る方はここで一度竹串を刺して肉汁の状態を確認してみてください。 透明な肉汁が出てくれば中まで火が通っていますし、濁っていれば火通りが甘いので、弱火で1~2分追加して火を通します。

肉に火が通れば、お皿に取り出してピーマンの肉詰めだけを先に盛り付けておきます。

フライパンに残った肉汁をそのまま使い、ソースを作ります。分量のケチャップ、醤油、みりんをフライパンに入れて混ぜ合わせ、火にかけて軽く煮詰めます。

ブクブクわいたら火を少し弱め、ソースにとろみが軽くつくまで水分を飛ばし、先に盛り付けたピーマンの肉詰めにかけて完成です。

【補足】

  • ピーマンをシンプルに食べるには、生姜と塩昆布で和える簡単レシピもおすすめです。http://www.sirogohan.com/recipe/pi-man/
  • 器情報:民藝品(大分の小鹿田焼)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ