おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おいしい枝豆のゆで方/ゆで時間

枝豆のゆで方/ゆで時間の写真

調理時間:10分以下

旬の時期はやっぱり“さや付きの枝豆を生からゆでる”のがいちばん美味しいですよね!

ポイントは「きちんと“塩の分量”と“ゆでる時間”をはかること」。ぜひビールのおつまみにお試しください。
※2016.8にレシピ動画をページ下部に追加しました。

このレシピのキーワード
枝豆
夏野菜
お酒のつまみ
お弁当

印刷する

おいしいゆで枝豆の材料(ゆでやすい分量)

  • 枝豆 … 1袋(約250g)
  • 塩 … 水に対して約4%が目安

※水1Lで塩40gほど(大さじ分量は下記参照)

スポンサーリンク

おいしい枝豆のゆで方/ゆで時間

枝豆の選び方と下ごしらえ

枝豆をスーパーで品定めするときのポイントは、豆がしっかり詰まっていて、採れたてのみずみずしさがあることです。

また、枝豆をゆでる時に大切なのが塩の分量。塩は「ゆでる水に対して4%の塩加減」がおすすめです。※今回は水1Lでゆでるので塩40g、けっこう多めです。

※塩をはからずにゆでると塩気が薄い仕上がりになりやすいので、はじめのうちはきちんとはかってみるとよいと思います。

※塩40gは精製塩なら大さじ2と1/3なので、水1Lくらいに精製塩大さじ2強と覚えておくとよいです。ちなみに、自然塩なら大さじ2と2/3が目安です。

まず、枝豆はゆでる前に「茎につながる先端部分をはさみで少し切り落とす」ことをします。この下ごしらえが水まわりをよくし、塩味ものりやすくしてくれます

枝豆の塩もみのやり方

はかった塩の半分ほどを使って、枝豆の産毛をとるためと、塩味ののりをよくするために‟塩もみ”をします

枝豆はさっと洗ってから水気を切ってボウルに移し、はかった塩の半分を枝豆にふりかけます。手で強く握るようにゴシゴシともみ込んで塩もみをします

枝豆のゆで方とゆで時間

鍋に水1Lと塩もみで使わなかった残りの塩を加えて沸騰させ、沸いたら塩がついたままの枝豆を入れます(ボウルに塩が残っていたら、ゆで湯でボウルをさっとすすいで、すべての塩が入るようにするとよいです)。

ゆで時間は4~5分。落し蓋をすると熱が均一に伝わりよりよいですが、なければ箸で時おり混ぜながらゆでればOKです。

一つ二つ食べてみて、ゆで上がっていればざる上げします。熱々を食卓に運びましょう!

※弁当に入れるなどの理由で冷ます必要がある場合でも水につけて冷ますのはNGです。水っぽい仕上がりになってしまいます!

焼き枝豆だとかもおすすめ! ※写真からもページへ移動可※

「焼き枝豆」…ゆでるよりもほっこり香ばしい仕上がりになります(意外と簡単!)

「枝豆ごはん」…さや付きが出回る時期にぜひ食べたいシンプル炊き込みごはん。

枝豆のゆで方の動画

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特にはじめの下ごしらえや塩もみのやり方など、詳しくチェックできるので参考にしてみてください。

【補足】

  • 私は個人的に硬めよりもほっこりとした枝豆が好きなので、5分くらいゆでることが多いです。
  • 旬の時期にはお弁当にもぜひ入れたいものです。その場合は当日ゆでて冷ましてもいいですが、前日の夜にゆでて冷蔵庫で冷やしておき、それを朝盛り付けると冷ます時間を気にせずお弁当が作れます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ