おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ピーマンとじゃこの醤油炒めのレシピ/作り方

ピーマンとじゃこの醤油炒めの写真

調理時間:10分以下

ピーマンをたっぷり使って、じゃこと合わせ、ほんのり醤油が香るシンプルな炒め物にします。

できたての熱々はもちろん、冷めても美味しいので、普段の献立やお弁当などにぴったりです!

このレシピのキーワード
ピーマン
じゃこ
夏野菜

印刷する

ピーマンとじゃこの醤油炒めの材料(2人分)

  • ピーマン … 4個
  • ちりめんじゃこ … 15~20gほど
  • ごま油 … 小さじ1/2
  • 醤油 … 小さじ1
  • 酒 … 小さじ1
  • 砂糖 … ふたつまみ

※ピーマンの代わりにししとうでも作れます。工程下にその情報もまとめています。

スポンサーリンク

ピーマンとじゃこの醤油炒めの作り方

ピーマンとじゃこの炒め物の下ごしらえ

ピーマンは縦半分に切って、ヘタと種を除きます。切り口を下にして7~8㎜幅ほどに切ります(縦に切っても、大きければ斜めに切ってもどちらでも)。→「ピーマンの下ごしらえのページ」も参考に

※ピーマンに合わせるじゃこは、やわらかい"釜揚げしらすタイプ"ではなく、少し乾燥させた"ちりめんじゃこ"が食感などもしっかりして美味しいと思います。

ピーマンとじゃこの炒め物のレシピ/作り方

フライパンにごま油を入れて中火で熱し、ピーマンとじゃこを加えて炒めます。箸で混ぜながら、じっくり2~3分ほど炒め、ピーマンに火を通します

ピーマンにほぼ火が通れば、Aの調味料をすべて加えます。さっと混ぜ、水分が軽く飛べば火を止めて完成です。

ししとうで作る場合のアレンジ

ピーマン4個の代わりにししとう10本ほどでも同じように作れます。ししとうのヘタは根元を持って手でやさしくひねると取れるので、同じようにじゃこと炒めて、Aで調味すればOKです。

※上の写真はじゃこの量が少し多めですが、ピーマンをししとうに置き換え、他はまったく同じ割合で大丈夫です。

【補足】

  • 作ったものは翌日まで美味しく食べれます。冷めても美味しいので、弁当などにもぴったり。ピーマンが旬の時期にぜひお試しください。
  • 器情報:幾田晴子さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ