おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほうれん草のゆで方/ゆで時間などの下ごしらえ

ほうれん草のゆで方/ゆで時間の写真

調理時間:10分以下

ゆでたほうれん草は、そのまま鰹節をふりかけて醤油で食べても、お浸しにしても、栄養たっぷり美味しい野菜。

アクが強いので、基本的にはゆでて使うことが多いと思います。その下処理とゆで方を詳しく紹介します!

このレシピのキーワード
ほうれん草

印刷する

ほうれん草をゆでるときの材料(分量不問)

  • ほうれん草 … 1束
  • 塩の目安 … ティースプーン山盛り1杯

スポンサーリンク

ほうれん草のゆで方/下処理

ほうれん草の根元の下処理と洗い方

ほうれん草の下ごしらえで大切なのは『根元に残りやすい泥をきれいに落とすこと』『根元も美味しく食べられるようにすること』です。

ではどうすればいいかというと、根元に細かく切り込みを入れることで、泥を落としやすく、かつ、根元を食べやすくなります。下で順を追って説明していきます。

 まず、根の先が汚れていたり、乾いていたら少し切り落とします(長い根のまま売られているものは長い根を切り落とす)。このとき束がバラバラにならない部分で切ることが大切です。

 次に、左手でほうれん草の中ほどをつかみ、右手で持った包丁で十字に切り込みを入れます。このときほうれん草を持っている左手に注意しながら、1~2㎝の深さで茎の太さよりも細かくなるよう、写真くらいに切り込みを入れます。

 最後に、ため水の中で②で切った根元をごしごし揉むようにして洗います。洗いにくい付け根の泥が落ちてくれます。続けて水を取り替え、反対側の葉も洗って下ごしらえ完了です。

ほうれん草のゆで方/ゆで時間

ほうれん草をゆでるときのポイントは『塩加減』『輪ゴムを使うこと』、それから『茎と葉を時間差でゆでること』です。

ほうれん草が洗えたら、輪ゴムで中央をとめます。これは、ゆでる→冷ます→切るという後の流れがぐっとやりやすくなるのでおすすめです。

それから鍋に湯を沸かし、ティースプーン山盛り1杯の塩を加えます。ほんのり塩気がつくことで、ほうれん草の味わいを引き立ててくれるわけです。

ゆで方は、はじめにほうれん草の葉を手で持って茎を湯に浸け、茎の部分だけを先に30秒ほどゆでます

30秒経ったころに全体を落として、箸でほうれん草を湯にしずめます。

続けてさらに30秒ほどを目安にゆでます(途中1回ほうれん草の上下を入れ替えます)。すぐに冷水(夏場なら氷水)にほうれん草を取って冷まします。

冷めたらほうれん草を軽くしぼってまな板に移し、料理に応じた幅に切り分けます。

ほうれん草は切った後に水気が出やすいので、料理に使う幅に切った後、もう一度しっかり水気をしぼることも大切です。醤油&かつお節でシンプルに食べても美味しいですし、おひたしや汁物の具としてもおすすめです。

【補足】

  • ゆでたほうれん草は冷蔵保管で2日ほど、冷凍保管なら1か月ほど美味しくいただけます。
  • ゆでるお湯にティースプーン山盛り1杯は水1Lほどが目安です。さらに多いお湯の場合は適宜塩を増やすとよいです。
  • ほうれん草のお浸しのレシピページも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ