おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

豚の生姜焼きのレシピ/作り方

豚の生姜焼きの写真

調理時間:30分以下

定食屋の定番メニューといえば「豚の生姜焼き」。ごはんが進む香りに見た目、もちろん味付けも最高ですよね!

白ごはん.comでは「そろえやすい食材や調味料で、絶品の生姜焼きを作る!」をコンセプトに、レシピにしてみました。

このレシピのキーワード
豚肉
お弁当

印刷する

豚の生姜焼きの材料(2人分)

  • 豚ロース肉(生姜焼き用) … 200g(4~6枚ほど)
  • 生姜 … 3かけ分(以下写真参照)
  • 玉ねぎ … 1/4個
  • にんにく … 1/2かけ
  • キャベツのせん切り … 適量
  • サラダ油 … 小さじ1
  • みりん … 大さじ1
  • 酒 … 大さじ1
  • 生姜のしぼり汁 … ひとつまみ分
  • 醤油 … 大さじ2
  • 砂糖 … 小さじ2
  • ケチャップ … 小さじ1
  • ごま油 … 小さじ1/2
  • コショウ … 少々

スポンサーリンク

豚の生姜焼きの作り方

豚肉の筋切りと下漬け

豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。20~30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。

肉の下ごしらえは『筋切りと下漬け』をします。まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。

それから、焼く前に下漬けをします。厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。

下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。

筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。そこに先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。※しぼりかすはボウルに戻せばOK

漬け込む時間は10分で、途中2~3度上下を返します。豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。

生姜焼きのたれの作り方

豚肉の下漬けが終わったら、①のボウルにBを加えて生姜焼きのたれを作ります。そこに下漬けに使った調味料を7~8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2~3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。

※Bの中で「小さじ」を使って計量する調味料の順番ですが「砂糖→ごま油→ケチャップ」がベストです。スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。

※下漬けに使った調味料にも、生姜の香りやアルコール分(アルコールは蒸発すると同時に臭みも取ってくれる効果などあり)が含まれているので、捨てずに加えるとよいです。

豚の生姜焼きのレシピ/作り方

フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、玉ねぎをさっと炒めます。全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。

豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。

※たれを加えたあとにしっかり煮詰めて焼くので、ここでこんがり焼く必要はありません。

反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。火加減そのままで煮詰めていきます。

豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。

フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

【補足】

  • 豚肉はロース肉でも、肩ロース肉でも、好みのものを使って作ってみてください。また、豚肉の筋を切ることで、焼くときに反り返りにくくなります。
  • 「下漬け」の時におろし生姜を加えると、肉を焼くときに焦げやすくなるので、しぼり汁だけを加えるレシピにしています。
  • キャベツのせん切りのやり方も参考にしてみてください→「キャベツの千切りの切り方」。
  • 器情報:土井善男さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ