おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

下味に醤油をきかせた鶏の唐揚げのレシピ作り方

鶏の唐揚げの写真

調理時間:30分以下

ご飯がすすむよう、鶏の唐揚げのつけ汁で醤油の割合を多めにしています(そこが他のレシピと違う味付けのポイント!)。

鶏の唐揚げはやはり『カリッとジューシー』に仕上がってほしいもの。揚げ方のコツも合わせて紹介していますので、ぜひ一度お試しください。

このレシピのキーワード
鶏肉
お弁当
揚げ物
お酒のつまみ

印刷する

鶏の唐揚げの材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 1枚(300~400g)
  • 生姜 … ひとかけ(約10g)
  • 片栗粉 … 大さじ3~4
  • レモン … 1~2切
  • 濃口醤油 … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ1

スポンサーリンク

鶏の唐揚げの作り方

鶏の唐揚げの下処理と味付け/レシピ

唐揚げはジューシーな仕上がりになってくれるので「鶏もも肉」がおすすめ。鶏肉は芯までスムーズに火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。

まず、鶏もも肉は食べやすい大きさ(3~4㎝四方くらい)にカットし、生姜は皮ごとすりおろします。

切った鶏肉をボウルに入れ、Aの調味料を加えます(完全に鶏肉が浸からなくてもOKです)。

そこにおろし生姜をぎゅっとしぼって、生姜のしぼり汁だけを加えます。漬け込み時間は15~20分です。途中2~3度上下を入れ替えるように混ぜてあげます。

※ボウルではなくて、ビニール袋に入れてもみ込んで漬けてもOKです。

20分経ったら漬け汁を捨てますが、漬け汁の残し加減もポイントです。手や箸で鶏肉を軽く押さえて漬け汁をざっと捨てるだけにすると、1割くらい漬け汁がボウルの底に残ります。

この少し残った漬け汁に片栗粉をしっかり混ぜ合わせることで、衣にも醤油味がついてくれるというわけです。片栗粉大さじ3~4を加えてよく混ぜ、手にしっかり絡みつくくらいねっとりすれば準備完了です。

※片栗粉は鶏肉300gなら大さじ3、400gなら大さじ4くらいを目安に加えるとよいです。

鶏の唐揚げの美味しい揚げ方/作り方

鶏肉を揚げるとき、できれば2度揚げすると、中はジューシー、外はカリッと仕上がります(*時間のないときは、徐々に温度を上げるようにするとよいです)。

まず、揚げ油を160℃に熱します。はじめに低めの温度から鶏肉を入れていくのですが、入れるときに鶏肉の皮を広げ、きれいに身にまとわせてから入れると、仕上がりも食べた時のバランスもよくなります。

鶏肉を入れたら温度が下がるので少し火を強め、160℃くらいで3分ほど揚げます。3分後に一度すべての鶏肉を取り出します。

取り出した鶏肉はそのまま4~5分休めます。この間に鶏肉にはじんわり火が通ってくれます。鍋は火を強め、190~200℃くらいに上げておきます。

休ませた後、油に鶏肉をすべて戻し入れ、高温の油でカリッと1~2分揚げます。レモンを1~2切そえて、器に盛り付けて完成です。

※揚げるとき、漬け汁に醤油が多いこと、衣にも醤油を含んでいるので、衣に色がつきやすいので注意が必要です。甘めの焦げやすい醤油などの場合は、160℃の段階で鶏肉に香ばしい色がつくことも。その場合は160℃で揚げる時間を少しだけ長くして、5~6分休ませてから高温でさっと1分くらい揚げるなどするとよいです。

【補足】

  • この鶏の唐揚げのレシピは、醤油を多めに入れるのが味の決め手で、ごはんにもよく合う仕上がりになるのですが、醤油によって揚げるときに焦げやすくもなります。上の作り方を参考に、漬け込み時間、揚げ温度、揚げ時間などを調整して、ぜひ美味しい鶏の唐揚げを作ってみてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ