おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

下味に醤油をきかせた鶏の唐揚げのレシピ作り方

鶏の唐揚げの写真

調理時間:30分以下

ご飯がすすむように、鶏の唐揚げのつけ汁の醤油の割合を多めにしています(そこが他のレシピと違う味付けのポイント)。

鶏の唐揚げはやはり『カリッとジューシー』に仕上がってほしいもの。そこで揚げ方のポイントも合わせて紹介しています。

ちょっとだけ醤油が多い分焦げ付きやすい作り方にはなりますが、絶対おいしい我が家の定番レシピですので、一度お試しください!

このレシピのキーワード
鶏肉
お弁当
揚げ物
お酒のつまみ

印刷する

鶏の唐揚げの材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 1枚(300g程度)
  • 濃口醤油:酒 … 2:1の割合で適宜
    ※今回は醤油大さじ2、酒大さじ1を使用しました。
  • 生姜 … ひとかけ(約10g)
  • 片栗粉 … 大さじ2~3
  • レモンなどの柑橘類 … 適宜

スポンサーリンク

鶏の唐揚げの作り方

鶏の唐揚げの鶏肉の下処理と味付け/レシピ

鶏肉はジューシーな唐揚げにしたい場合は「鶏もも肉」がおすすめ。 揚げている途中に芯まで火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。

まず鶏もも肉は食べやすい大きさにカットし、鶏肉をボウルに入れます。 唐揚げの味付けは『濃口醤油 :酒 = 2 :1の割合で作った漬け汁』をひたひたになるまで加えます。
※今回は鶏もも肉1枚(250g)に対して、醤油大さじ2、酒大さじ1を使用したらちょうどひたひたになりました。

次にひとかけ分の生姜をおろして、絞り汁だけをそのボールに加えます。 漬け込み時間は15~20分です。つけ汁が少なめの場合などは途中上下を入れ替えるように混ぜてあげます。

※漬け込み時間が長すぎると、焦げやすくなったり、塩味が強くなったりします。鶏肉のカットの大きさや家庭の醤油の塩分にもよるので、15~20分くらいを目安として、ご家庭で調整してください。

※もちろんビニール袋に入れてもみ込んで漬けてもOK。洗いものも少なく、より少ない調味料で作ることができます。

20分経ったら漬け汁を捨てますが、この漬け汁の残し加減もポイントとなります。 漬け汁を完全に捨ててしまわずに、1割くらい残すのですが、それが衣の味付けになります。 次に、鶏もも肉1枚に対して片栗粉大さじ2~3杯程度加え、もみ込みます。手にしっかり絡みついて糊状になれば準備完了です。

※片栗粉ではなく、小麦粉でも作れます!個人的には片栗粉の方がカリッと仕上がるので好きですが、お好みで使い分けてOKです。

鶏の唐揚げの美味しい揚げ方/作り方

下準備できた鶏肉はできれば2度揚げします。そうすることで、中はジューシー、外はカリッと仕上げることができます。 『160℃で揚げる→一度取り出して鶏肉を休ませる(この間にじんわり火が通る)→190~200℃に油を上げて短時間揚げる』

はじめは160℃。ここでいきなり180℃くらいの油にいれてしまうと、中に火が通る前に衣が黒くなってしまいます。 160℃で3分ほど揚げたら、一度取り出して鶏肉を3~5分くらい休ませます。

この休ませる間に、油を190~200℃まで上げ、鶏肉にはじんわりと中まで火が通るのです(だから休ませることは大切!)。 最後に高温にした油に鶏肉を戻し入れ、カリッと1~2分揚げて完成です。
※漬け汁に醤油が多いこと、衣にも醤油を含んでいることにより、衣に色がつきやすいので注意が必要です。
※甘めの焦げやすい醤油などの場合は、160℃の段階でかなり鶏肉に香ばしい色がつくこともあります。その場合は160℃で揚げる時間を少しだけ長くして、5分休ませてから高温でさっと1分くらい揚げるとよいです。

この鶏の唐揚げのレシピは、濃口醤油を多めに入れるのが味の決め手なのですが、 その分揚げるときに焦げやすいのが少しだけ難点です。でも絶対おいしいレシピ(ご飯によく合う!)だと思うので、 家庭で使っている醤油に合わせて、つけ込み時間、揚げ温度、揚げ時間などを何度か調整して、 ぜひ美味しい鶏の唐揚げを作ってみてください!作り方をマスターしてしまえば、きっと家庭の定番の味になるはずだと信じています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

春を手軽に楽しむレシピランキング