おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ふきの炒り煮(煮物)のレシピ/作り方

ふきの炒り煮の写真

調理時間:20分以下

ふきの下ごしらえは『ふきのゆで方/下処理』で紹介していますが、そのふきを使ってどんな料理を作ろうか??と思った時に、真っ先に思い浮かぶのがこの『ふきの炒り煮』です。

ふきの強い風味に合わせるのは、“ごま油”と“唐辛子”。少し甘辛くして、ごはんに合う味付けにしましょう!

このレシピのキーワード
ふき
お弁当
お酒のつまみ
春野菜

印刷する

ふきの炒り煮の材料(2~3人分)

  • ふき(ゆでたもの) … 200g
  • 赤唐辛子 … 1本
  • ごま油 … 小さじ1
  • サラダ油 … 小さじ2
  • だし汁 … 150ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

ふきの炒り煮の作り方

ふきの下ごしらえをする

ふきは大きな鍋やフライパンの幅に合わせて切り、板ずりをしてからゆでます。 ゆでた後は両側から筋取りをして、水に漬けて冷蔵保管しておきます。
→ 詳しいゆで時間やその他のコツについては『ふきのゆで方/下処理』のページを見てみてください!

ふきの炒め煮の炒めはじめ

下ごしらえしたふきはしっかりと水気を切って、4~5cm幅に切ります。赤唐辛子は種を取り除いておきます。 鍋にサラダ油とごま油を入れて、中火にかけ、油が熱くなったら、用意したふきと唐辛子を入れて炒め合わせましょう。
※ごま油のコクは欲しいのですが、多すぎるとふきの風味のじゃまをするので、ごま油小さじ1、サラダ油小さじ2くらいがいいと思います!

ふきの炒め煮の味付け/レシピ

油が全体にまわったら、Aをすべて加えて、中火より少し弱めの火加減でぐつぐつ煮ていきます。 味付けは醤油・みりん・酒が同割で、砂糖も少し加え、ごはんが進むような甘辛い味付けに。

※醤油は薄口醤油で作ると上の写真のような仕上がりに、濃口醤油だともっと濃い色合いになります。

火加減を保って10分ほどぐつぐつにると、だんだんと煮汁が少なくなります。 下の真ん中の写真くらいまで(うっすら煮汁が残るくらい)、煮汁を煮詰めたら火を止めて完成です。

【補足】

  • 日持ちは冷蔵庫で3日ほどです。はごはんにもお酒にもぴったりなのでわが家ではすぐになくなってしまいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ