おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など)

スナップえんどうの下ごしらえの写真

調理時間:10分以下

スナップえんどうの下ごしらえは「絹さやの下ごしらえ」よりも気を付けたいことがいくつかあります。

筋の取り方、ゆで時間、水気の切り方など、詳しく写真で紹介しています。

このレシピのキーワード
スナップえんどう
春野菜

印刷する

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間)の材料(分量不問)

  • スナップえんどう … 適量
  • ゆでる時の塩 … ティースプーン山盛り1杯ほど

スポンサーリンク

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間)

スナップえんどうの筋の取り方

絹さやよりもスナップえんどうは筋が太く、筋の取り方もより丁寧に行う必要があります。

また、ヘタを除いた部分からゆでる時に水が入ってしまうので、ゆでた後の水気の切り方もポイントに。そのあたりもぜひ参考にしてみてください。

まず、スナップえんどうは先端がとがっている側に太い筋があるので、そちら側にヘタをポキっと折り、すーっと先端まで筋を取ります。

続いて、同じくヘタがあった部分の反対側に爪を立てて筋を取り、先端にむかって筋を取ります

つまり、スナップえんどうは両側の筋を取る必要があるのですが、スタート地点がどちらもヘタ側からにすることで、しっかり筋を除くことができると思います。

※野菜類は先端にむかって柔らかくなるので、筋も同様で、ヘタ側の方が太い筋となっていると思います。そういった意味合いで、ヘタ側から筋を取ったほうがしっかり筋が取れるように感じています。

スナップえんどうのゆで方/ゆで時間

下の写真でもわかりように、スナップえんどうはへたを折った部分と中の空洞がつながっているので、ゆでた後の水気の切り方が大切になります。

まず、鍋に1~1.5Lほどの湯を沸かし、塩をティースプーン山盛り1杯ほど加えます。塩気をつけることで、スナップえんどうの味わいが引き立ちます。

しっかり沸いた湯にスナップえんどうを一気に入れ、ゆで時間2分~2分半を目安にゆでます。

スナップえんどうはゆでている時に浮いてくるので、下のように落とし蓋があれば落し蓋をします。なければ上下を返すように箸を入れながらゆでます。

スナップえんどうの冷やし方/水気の切り方

ゆで上がったらすぐにざる上げして、冷水につけて冷まします(冬の時期なら水道水でOKですが、夏など暑いときは氷を加えて水がぬるくない状態で冷ましたほうがよいです)。

※冷水を使うことで、色が鮮やかになり(‟色止めする”とも言います)、余熱で火が通るのを防ぐことができます。

ざる上げしてしっかり水気を切ります。ただ、そうやって水気を切ったあとでも、下の写真左のようにスナップえんどうの中の空洞に水が残っていることが多々あります。

なので、ざるで水気を切ることに加えスナップえんどうを数本手に持ち、ヘタ側を下にして勢いよく振って水気を切るとよいです。

水気を嫌う料理の場合は、さらにキッチンペーパーでヘタ側を下に軽くたたき、水気を吸いとるなどしてもよいと思います。

水気がしっかり切れたら、料理に合わせてスナップえんどうをカットするなどして使用します。冷蔵保存なら2日ほど日持ちします

スナップえんどうの下処理その他

レストランなどでスナップえんどうを開いて、サラダやパスタに使うこともあります。食べやすくなり、見た目にも動きが出やすく、かさも増える、味も絡みやすい、そんな理由もあってのことだと思います。

開き方は、ゆでたスナップえんどうのカーブした部分に爪を入れ、そこから開くと中に入っている豆も半分にきれいに分かれてくれます。

ここからは参考までの情報ですが、水が入りやすいならゆでた後に筋を取れば??とも思いますよね(実際私の嫁がそう質問してきました)。

しかし、スナップえんどうをゆでた後に筋を取ろうとすると、筋は取れるものの、自然とスナップエンドウが開いてしまいます。ゆでる前に筋取りすると不思議とくっついたままなのです。

【補足】

  • スナップえんどうは絹さやよりも筋が太いので、もしスナップえんどうをくたくたに柔らかく火を通して使う場合は、より筋が気になりやすいので、両側からヘタを取ったあとに、さらに先端からも筋を取るなどするとよりよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ