おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ひじきの煮物のレシピ/作り方

ひじきの煮物の写真

調理時間:20分以下※ひじきを戻す時間は除く

副菜の定番、ひじきの煮物。合わせる具材はにんじん、油あげ、大豆、ひき肉など、レシピも様々ありますよね。

まずは一番シンプルな『にんじんと油あげのひじきの煮物』のレシピを紹介します。ごはんが進む味付けです。

このレシピのキーワード
ひじき
油あげ
にんじん
常備菜
お弁当

印刷する

ひじきの煮物の材料(2~3人分)

  • ひじき(乾物) … 20g
  • にんじん … 1/3本(約50g)
  • 油あげ … 1枚(7~8㎝四方のもの)
  • サラダ油 … 小さじ1
  • だし汁 … 150ml
  • 濃口醤油 … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

ひじきの煮物の作り方

ひじきの戻し方

ひじきはたっぷりの水に30分ほどひたして水戻しします。ひじきの種類は長ひじきでも芽ひじきでもどちらでも大丈夫です。ただ、長ひじきなどの長いものの場合は、戻した後に食べやすい長さに切ります。

にんじんは4~5cm長さの少し太めのせん切りに、油あげも細めの短冊に切ります。

ひじきの煮物のレシピ/作り方

鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、にんじん、水気を切ったひじき、油あげの順に炒めます(具材に油がまわるように、全体を軽く炒め合わせる感じです)。

※ひじきの臭みを取るため、下処理で一度ひじきを熱湯でゆでこぼす方法もありますが、ここでは軽く炒めることでひじきの磯臭さも抜くようにします。

全体に油がまわったら、Aの調味料を加えます。沸いたら火を少し弱め、鍋肌がぐつぐつ沸き立つ火加減を保って5~8分を目安に煮ます

火を止めるタイミングは、味見をして味の濃さを確認してからにします。ごはんと食べたり、弁当に入れるなら少し濃いめがよく、たくさんおかずとして食べたいときは少しあっさりめの煮詰め加減にするなど 、好みの煮詰め具合で止めてください。ゆでた絹さやなどの青みを加えても彩りがよくなります。

【補足】

  • 常備菜として冷蔵庫で3日ほど保存可能。冷凍保存もできるので、上の分量の2倍で作るのもおすすめです(その場合は煮る時間を少しのばすとよいです)!
  • 乾燥ひじきには「芽ひじき」「長ひじき」があります。どちらかというと芽ひじきのほうが一般的ですが、長ひじきは太い分、煮含みもよくて食べ応えがあります。 好みのものでお試しください。
  • 器情報:角田淳さんの器

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4~5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

体があったまる鍋&汁物ランキング