おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

アスパラのゆで方/下ごしらえ

アスパラのゆで方の写真

調理時間:10分以下

アスパラの下ごしらえとゆで方を詳しく紹介します。

サラダ、炒め物、おひたし、汁物などなど、いろいろ使えるアスパラですので、ゆですぎに注意して、ぜひ様々な料理に使ってみてください!

このレシピのキーワード
アスパラ

印刷する

アスパラをゆでるときの材料(ゆでやすい分量)

  • アスパラガス … 1束
  • 塩 … 水1Lに対して小さじ2ほど(約10g)

※詳しくはレシピ参照

スポンサーリンク

アスパラのゆで方/下ごしらえ

アスパラの下処理/下ごしらえ

アスパラの根元側は皮が硬くて筋っぽくなっているので『硬い部分を折って』『さらにピーラーで皮を数センチむく』ことで、筋っぽさを感じずに美味しくアスパラを食べることができます。

まず、アスパラの根元側の先を右手で持ち、左手でアスパラの中央あたりを持ちます。根元側の右手をぐっと折り曲げると、硬い部分、柔らかい部分の間くらいの位置でポキッと折れてくれます。

あとはアスパラをまな板の上に置いて、ピーラーで4~5cmほど薄く根元側の皮をむき取ります。これでアスパラの下ごしらえは完了です。

アスパラのゆで方/ゆで時間

アスパラの一番基本的な食べ方ともいえる『ゆでてから食べる方法』をゆで方と一緒に紹介します。

まずはアスパラがすっぽり入る大きさのフライパンを用意します。次にそのフライパンで水1Lを沸かし、小さじ2ほどの塩を加えます。

お湯が用意できたら、アスパラを入れて塩ゆでします。ゆでる時間は『普通の太さで1分30秒~45秒』『太めのもので2分』が目安となります。ゆであがったアスパラは冷水につけて冷やし、色止めしてあげます。

※もちろんゆでたてを熱々で食べる場合は色止めも必要ないのですが、冷やしてサラダ入れて食べたり、お味噌汁やスープの青みにしたりする場合は色止めしたほうが、色もよくなり、余分な熱も入らないのでおすすめです。

アスパラの食べ方

食べる時は、しっかり水気をふき取ってからいただきます。アスパラそのものずばりを食べるおすすめの食べ方は『定番のマヨネーズ』『醤油+オリーブオイル』『醤油+辛子』などが美味しいです。ちょっとだけ手を加えて食べるなら『おかか和え』『お浸し』『ごま和えや白和え』なども美味しいです。

アスパラのゆで方の補足

「アスパラの下処理で、三角のはかま(がく)を下処理で取り除いてからゆでる」という方法もよく見かけます。しかし、はかまの部分は生の状態では取りづらく、そもそも口当たりが悪いかどうかもわからないので、ゆでる前に三角のはかまを取り除かなくてもいいのではないかと思っています。

はかまを取るのであれば、『ゆがいた後に手でひっぱて取り除く』のが一番です。根元に近い方がより固くなっているので、一個手でひっぱって取り除き、食べてみて口に残るようならアスパラの半分くらいまでのはかまを取り除くのが一番よい方法だと思います。

確認のために、①のアスパラの下処理で根元側に残ったアスパラをゆでて食べてみましたが、やはり筋っぽくて食べているときに口に残り、美味しくありませんでした。

【補足】

  • お湯に対する塩の目安は「水1Lに対して塩が小さじ2」くらいが目安です(これでお吸い物よりも少し濃いめの塩分に)。
  • アスパラに限らず、野菜をゆでるときに塩を加えるのは大切です!塩あり、塩なしで比較でゆで比べてみましたが、塩がないと食べる時に少し水っぽく感じてしまいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ