おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

具だくさん豚汁のレシピ/作り方

具だくさん豚汁の写真

調理時間:30分以下

家庭料理の汁ものでも、定番中の定番です。根菜類をたくさん入れて具だくさんにして、豚肉のうまみやコクもプラスします。

具だくさんで作れば、素材の味がたくさん出てくれ、おいしい豚汁ができあがります。たっぷり作って翌日も楽しむのがおすすめ!冬はもちろん、夏でも旨みたっぷりなので食べたくなるレシピです!

このレシピのキーワード
豚肉
大根
にんじん
ごぼう
里芋
いんげん
野菜たっぷり

印刷する

豚汁の材料(たっぷり2~3人分)

  • だし汁(または水) … 700ml
  • 豚バラ肉(薄切り) … 150g
  • 大根 … 100g
  • にんじん … 1/4本
  • ごぼう … 1/3本
  • 里芋 … 4個(約150g)
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1本
  • いんげん … 4~5本
  • 味噌 … 大さじ4ほど
  • 一味唐辛子 … 好みで少々

※今回は米味噌で作りました(味噌の種類はお好みで変更してください)

スポンサーリンク

具だくさん豚汁の作り方

豚汁の具材の準備

にんじんは半月切り、大根はいちょう切り(ともに食べやすい厚みで)、長ねぎは斜め切りに、ごぼうは乱切りにして水にさらします。里芋は大きめのひと口大に切り、豚バラ肉も3㎝幅に切ります。いんげんはヘタを落として斜め切りにします。

また、使うだし汁についてですが、私は「かつおと昆布のだし」を使うことが多いです。だし汁に素材のうまみがプラスされて美味しい豚汁となります。とはいえ、煮干しだしでも、昆布だしでも、水だけでも、好みでOKです。具材たっぷりで作れば、水でもどんなだし汁でも美味しく仕上がってくれるのが豚汁のよいところです

※バラ肉は脂身ばかりのものではなく、赤身が多いくらいのものがよいです。またいんげんなどの青みは、事前に塩ゆでしておいて仕上げに加えてもいいですし、最後1~2分ほど豚汁の中で火を通しても。

豚汁の作り方(具材を炒め、だしを加える)

鍋を熱してはじめに豚肉を炒めます(肉が鍋底にくっつきやすいなら、サラダ油少々を加えても。また、肉がくっつきそうになったら鍋を火から離してはがすとよいです)。

肉の両面がさっと焼けたら、火の通りにくい、にんじん、ごぼう、里芋、大根を加えて炒め、野菜のまわりが半透明になったころにだし汁を加えます。

豚汁の作り方(味噌を半量ずつ分け入れて仕上げる)

だし汁が沸いてきたらアクを取り除きます。そのあと長ねぎを加えてから、味噌の半量(大さじ2)を溶き入れます。 通常みそ汁の味噌は最後に加えて煮立たせないことが大切ですが、豚汁は味噌の味を野菜に含ませたいので2回にわけて味噌を溶き入れます!

弱火でことこと火を入れ、里芋に火が通った頃(7~8分くらい煮込みました)、残りの味噌を溶き入れます(味噌は合計で大さじ4を目安に、ご家庭の味噌の塩分によって調整してください)。 最後に1~2分前にいんげんを加えて火を通し、椀によそっていただきます。好みで一味唐辛子をふりかけても。

【補足】

  • 豚汁はどんな野菜とも合わせやすいので、上の具材の他にも、長ねぎやきのこ類、たまねぎやれんこん、あさりを一緒に火を通して加えたり、ゆでた大豆を具として入れても美味しいです。

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4~5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

書籍の紹介

書籍:「和のラクうま定食」の表紙

2皿で完結!「和のラクうま定食」
シンプルな定食本の新刊が発売です! 丼ぶり、炒め&混ぜご飯などのごはんものを中心にしたら、2皿で大満足の定食本となりました。
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook
  • 白ごはん.com 公式インスタグラム

夏野菜のおかずレシピランキング