おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

トマトとオクラの夏豚汁のレシピ/作り方

トマトとオクラの夏豚汁の写真

調理時間:20分以下

定番の豚汁といえば根菜類が入っているものですが、夏野菜だけを使ってもさっぱり美味しく作ることができます!

今回は「オクラ」と「トマト」を使いましたが、好みでナスやモロヘイヤに変えてもOKです。

このレシピのキーワード
夏野菜
トマト
オクラ
豚肉
生姜
野菜たっぷり

印刷する

トマトとオクラの夏豚汁の材料(3人分前後)

  • オクラ … 4本
  • トマト … 小1個
  • 豚バラ肉(薄切り) … 50g
  • 生姜 … 1かけ
  • 粗びき黒こしょう … 少々
  • サラダ油 … 少々
  • だし汁 … 500ml
  • 味噌 … 大さじ2と1/2ほど

スポンサーリンク

トマトとオクラの夏豚汁の作り方

夏豚汁の下ごしらえ

今回豚汁に合わせる夏野菜は「オクラ」「トマト」。生姜もさわやかな風味をプラスするために加えるとよいです。

トマトは口当たりをよくするため、湯むきしてから大きめのひと口大に切ります(湯むきは近々白ごはん.comでもアップ予定です)。オクラはがくの黒い部分をむき取って、斜めに3~4等分に切ります。また、豚肉は1㎝幅、生姜はせん切りにします。

※トマトをみそ汁の具として使う場合、「豚肉と合わせる」「生姜をきかせる」「こしょうをふる」などの工夫をするとより食べやすく、美味しく仕上がると思うので、夏の豚汁の具にもぴったりだと思います。

夏豚汁のレシピ/作り方

鍋にサラダ油少々をひいて弱めの中火で熱し、生姜と豚肉を炒めます。豚肉の色が変わってきたらオクラを加えてさっと炒め合わせ、だし汁を注ぎ入れます。

火加減を少し強くして、沸くのを待ち、沸いたらアクをすくい取ります。

※トマトのやわらかい食感に合わせて、オクラもやわらかめに仕上げたほうが美味しいと思います。なので、炒める段階から加えてじっくり火を入れる作り方にしています。

火を弱め、湯むきしたトマトを加え、味噌を大さじ2と1/2を目安に溶き入れます。トマトが軽く温まるまで弱火で火を入れます(※ここで加熱しすぎるとトマトがやわらかくなりすぎるので注意です!)。

椀によそって、仕上げに黒こしょうをふって完成です。普通の豚汁と違って‟できたてが美味しい”ので(トマトが入る場合)、翌日にも楽しむというより、当日に飲み切る分だけを作るとよいと思います。

【補足】

  • 冒頭にも書きましたが、ナスやモロヘイヤの野菜に変えてみたり、みょうがや大葉などの薬味をプラスしても美味しくなってくれます。
  • トマトの湯むきはしたほうが他の具とも食べやすくなるのでおすすめですが、必須でもないので、好みでそのまま大きめのひと口大に切って作ってもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ