おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

モロヘイヤのおひたしのレシピ/作り方

モロヘイヤのおひたしの写真

調理時間:10分以下

モロヘイヤのゆで方のページで、茎まで食べるモロヘイヤのゆで方をチェックしたら、ぜひその持ち味をいかした食べ方をしてみてください!

そのまま醤油をかけて花鰹をのせてもいいですし、叩いて納豆に混ぜてもいいです。もしだし汁が用意できれば、ぜひこのお浸しもおすすめです。モロヘイヤのねばりと、茎のシャキシャキの食感、お浸しにも非常によく合います。

このレシピのキーワード
おひたし
夏野菜

印刷する

モロヘイヤのおひたしの材料(2人分)

  • モロヘイヤ … 1束(100g)
  • かつお削り節 … 少々
  • だし汁 … 100ml
  • 醤油(あれば薄口) … 小さじ2と1/2
  • みりん … 小さじ2と1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

モロヘイヤのおひたしの作り方

モロヘイヤの下処理/ゆで方

モロヘイヤは葉っぱをちぎり、茎の下半分は捨てて、上半分を食べやすい長さに切ってからゆでます。 モロヘイヤのゆで時間は、茎が1分、葉っぱが20秒が目安となります。 ※茎を入れて40秒たったら葉っぱを加え、箸で軽く沈ませます。残り20秒ほどゆでたら、ざるに上げて冷水にとって熱をとります。
モロヘイヤの詳しいゆで方のページも参考にしてみて下さい。

モロヘイヤのお浸しの作り方

ゆでたモロヘイヤは粗熱が取れたら、両手でぎゅっと水気をしぼります。 水気を切ったモロヘイヤは、容器に移します(深めのお皿でもタッパーのようなものでもOK)。

※葉もののゆで野菜全般に言えることですが、しっかりと水気を切ってから料理に使うことが大切です。

後は容器の中に、Aを合わせ、箸を使ってモロヘイヤをほぐしてよく混ぜ冷蔵庫へ。モロヘイヤをお浸しの地に漬けておく時間は20~30分ほど(他のほうれん草などに比べ、ぬめりがあるので味がのりやすく短い時間でもOK!) 食べるときはお浸しの地をたっぷり注ぎ、かつお節をちらして一緒にいただくと美味しいです!

【補足】

  • とろみがあるモロヘイヤならではの作り方ですが、醤油の割合を濃くすれば、浸け込む時間なしでも美味しくできます!その場合は、「だし70ml、醤油小さじ2、みりん小さじ2」の割合で、モロヘイヤ1束と合わせてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ