おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

バター醤油&カレーのとうもろこしご飯のアレンジレシピ2種

バター醤油&カレーのもろこしご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間は除きます

白ごはん.comで人気の「とうもろこしご飯」を2つの味にアレンジしてみました。ちょっとだけスパイシーな「やさしい味のカレーバージョン」、定番の「バター醤油バージョン」。それぞれ試してみてください。

このレシピのキーワード
とうもろこし
お弁当
夏野菜
カレー

印刷する

バター醤油&カレーのもろこしご飯の材料(それぞれ2合分)

【カレー味のもろこしご飯】
  • 米 … 2合
  • とうもろこし … 1/2~1本ほど
  • 塩(自然塩) … 小さじ1と1/3
  • カレー粉 … 小さじ3/4~1くらい
  • サラダ油など … 大さじ1/2ほど
  • ※さらさらの精製塩を使うときは小さじ1に減らすとよいです。

【バター醤油味のもろこしご飯】
  • 米 … 2合
  • とうもろこし … 1/2~1本ほど
  • 塩(自然塩) … 小さじ1
  • バター … 10gほど
  • 醤油 … 小さじ1
  • 粗びき黒胡椒 … 少々
  • ※さらさらの精製塩を使うときは小さじ1弱にするとよいです。また、バターは無塩でも有塩でもどちらでもOKです。

スポンサーリンク

とうもろこしご飯の作り方

とうもろこしのむき方

米2合に対するとうもろこしの量は、1/2本くらいまで減ってもOKですが、1本あれば具だくさんでより美味しいと思います。ぜひ生のとうもろこしで作ってみてください。

とうもろこしの実をむき取る方法は2種類あって、簡単な実をそぎ落とす方法と、難しいけどきれいに実の形が残る方法があります。※「とうもろこしご飯」に詳しくむき方を掲載しているので、そちらをぜひ参考にしてみてください。

もろこしご飯カレー味の作り方/レシピ

炊く前に、白ごはんを炊く要領で米を研ぎます。研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。30分~1時間ほどそのまま浸水させたあとに、自然塩小さじ1と1/3を加えて軽く混ぜて溶かします。最後にとうもろこしを上に広げて炊飯します。

※炊飯器の炊き込みご飯コースで炊くなら浸水を省いてもOKですが、時間があれば浸水してから普通コースで炊くのがおすすめです。

ごはんが炊き上がったら、フライパンで油を熱してカレー粉の香りを引き出し、それを炊きあがったご飯に混ぜます。(好みでいんげんやソーセージなどを先にフライパンで炒めてワンプレート風に仕上げても)

下の工程写真では、いんげんとソーセージを先に炒めて取り出し、サラダ油大さじ1/2を追加して入れて、そこにカレー粉小さじ3/4~1を入れます。弱火でカレー粉を加熱し、ふつふつとなって香りが出てきたらOK

炊きあがったもろこしご飯をさっくりと混ぜ、熱々の油とカレー粉を加えて、全体に混ぜ合わせます。先に炒めた野菜とソーセージを盛り合わせて完成です。

※カレー粉は2合に対して小さじ3/4で、うちの小4の娘もまったく辛くないと喜んで食べていました。

もろこしご飯バター醤油味の作り方/レシピ

炊く前の作業はカレーバージョンと同じです。ただ、後から醤油を加えるのではじめに加える塩は少し減らして炊きます※研いだ米を内釜に移して2合の目盛まで水を加え、30分~1時間ほど浸水させてから、自然塩小さじ1を加えて混ぜて溶かす。最後にとうもろこしを上に広げて炊飯

※炊飯器の炊き込みご飯コースで炊くなら浸水を省いてもOKですが、時間があれば浸水してから普通コースで炊くのがおすすめです。

ごはんが炊き上がれば、バター10gと醤油小さじ1を入れ、さっくりと全体を混ぜ合わせれば完成。盛り付けてから、粗びき黒胡椒をふりかけるのがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜が美味しい!厳選レシピ