おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ひき肉を選ばない!美味しいカレーそぼろのレシピ/作り方

カレーそぼろの写真

調理時間:20分以下

そぼろと野菜で作るやさしい味のカレーそぼろ。ひき肉は鶏、豚、牛、合いびき何でも美味しく仕上がります。

お弁当に、白ごはんのお供に、時には温野菜に添えたりしても!なかなか使える常備菜です。

このレシピのキーワード
お弁当
ふりかけ
鶏ひき肉
常備菜

印刷する

カレーそぼろの材料(作りやすい分量)

  • ひき肉(※) … 150g
  • にんじん … 1/3本(約50g)
  • 椎茸 … 2枚
  • ピーマン … 1個
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • 濃口醤油 … 大さじ2と1/3
  • 砂糖 … 大さじ2
  • カレー粉 … 大さじ1/2
  • 酒 … 小さじ2

※ひき肉はあるものでOKです。詳細は工程①にも。

スポンサーリンク

カレーそぼろの作り方

カレーそぼろの下準備

まず使うひき肉について。このレシピでは鶏、豚、牛、合いびき肉、どれでも美味しく作ることができます

野菜はにんじん、椎茸、ピーマンの3種を合わせるので、それぞれ皮をむく、ヘタを取るなどして、5~7㎜角くらいに切っておきます。

※鶏は食感よくさっぱりめ、豚はコクもあって食べ応えが出て、牛は脂の甘みが感じられる、ざっくりと言えばそんな仕上がりになります。

はじめに、鍋にサラダ油を入れて弱めの中火にかけ、にんじんを炒めます。にんじんだけが火が通りにくいので先に火を通しておくわけです。

にんじんに火が通れば、鍋を火からはずして、ひき肉、椎茸、ピーマン、Aの調味料をすべてを加えます。

火にかける前にすべての具材をしっかり鍋の中で混ぜ合わせて、下準備の完了です(*箸4~5本を使って、ダマがなくなるまで混ぜます)

カレーそぼろの作り方/レシピ

鍋を中火にかけて、箸4~5本ほどで混ぜながら肉と野菜に火を通します。はじめはゆるいままですが、混ぜていくと少しずつひき肉に火が通ってきます。

ひき肉が固まりはじめたら混ぜる手を少し早めて、ダマにならないようにしっかり混ぜながらひき肉がぽろぽろになるまで火を通します。

ひき肉に火が通れば箸の出番は終了。後はひき肉から出てきた汁気を飛ばすのですが、時おり混ぜながら鍋底に煮汁がほとんどなくなるくらいまで煮詰めたらOKです。

【補足】

  • カレーそぼろは粗熱が取れてから冷蔵保存し、4~5日で食べきるとよいです。また、冷凍できるのでまとめて作っておくと便利だと思います。
  • 火を通したブロッコリーやれんこん、じゃがいもなど食べると美味しいので、温野菜やグリルしたものに、カレーそぼろを添えても!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ