おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

絶品卵かけに!黄身の醤油漬けのレシピ/作り方

黄身の醤油漬けの写真

調理時間:10分以下※漬け込み時間を除く

サイトの「ごはんのお供」で、黄身の味噌漬けを紹介していますが、 もっと簡単だけど同じように美味しいのが『黄身の醤油漬け』です。これは味噌漬けよりもかなり手軽!

絶品の卵かけご飯ができますので、ぜひ一度作ってみてください(作るといっても黄身を取り出して、醤油に漬けるだけですが^^)

このレシピのキーワード

印刷する

絶品卵かけご飯に!黄身の醤油漬けの材料(作りやすい分量で)

  • 卵の黄身 … 1個
  • 濃口醤油 … 小さじ2弱
  • みりん … 小さじ1/2

※黄身の醤油漬けを炊き立てご飯にのせて、絶品の卵かけご飯を作ってください!

スポンサーリンク

黄身の醤油漬けの作り方

卵かけご飯はやっぱり黄身が決め手!

美味しい卵かけご飯をいただくために、白身は使わず、黄身だけを醤油漬けにして白ごはんと合わせます。
用意するものは、卵と卵の黄身がすっぽり入るくらいの小さな器。手で黄身をすくい上げて、白身を取り除き、黄身を器に移します。

※卵の白身はチャーハンや汁物の具などに活用してください!

黄身の醤油漬けの作り方

器に黄身を入れたら、そこに濃口醤油小さじ2弱とみりん小さじ1/2を加えます(黄身ひとつ当たりの分量です)。

ここで黄身が完全に漬けだれ(醤油とみりん)に漬かる必要はありません。黄身の頭が出ているくらいでOK。 醤油とみりんが混ざるように器を軽く左右に振って、あとはラップをして冷蔵庫に入れて味が染み込むのを待ちます。

※醤油だけでなくみりんが入ることで、長い時間漬けても醤油辛くならずに、美味しく食べることができます!

漬け込む時間はお好みで。後は卵かけご飯にして!

黄身を漬け込む時間は、4時間以上~1日程度です。 4時間だと表面には醤油が染み込み、中は黄身のまま。1日漬け込むと、表面から中央にかけて味がしっかり染み込みます。 あとはお好みの染み込み加減で、あつあつのご飯と合わせて卵かけご飯にして食べてください!

【補足】

  • 余った醤油は、納豆や冷ややっこなどちょっとした料理に、普通に料理の味付けに、と捨てずに使ってくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

書籍の紹介

書籍:「和のラクうま定食」の表紙

2皿で完結!「和のラクうま定食」
シンプルな定食本の新刊が発売です! 丼ぶり、炒め&混ぜご飯などのごはんものを中心にしたら、2皿で大満足の定食本となりました。
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook
  • 白ごはん.com 公式インスタグラム

夏野菜のおかずレシピランキング