おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

もやしのカレー醤油炒めのレシピ/作り方

もやしのカレー醤油炒めの写真

調理時間:10分以下

包丁いらずで5分でできる、シンプルなもやしのカレー炒めです。家にストックしてあることの多い、乾燥わかめだけプラスして、彩りと食感をよくしています。

カレー&醤油がなかなかハマる味だと思います。簡単なのでぜひお試しください。

このレシピのキーワード
もやし
カレー

印刷する

もやしのカレー醤油炒めの材料(2人分)

  • もやし … 1袋(250g)
  • 乾燥わかめ … 2~3つまみほど
  • カレー粉 … 小さじ1
  • サラダ油 … 大さじ1
  • しょうゆ … 小さじ4
  • 砂糖 … 小さじ1と1/2

スポンサーリンク

もやしのカレー醤油炒めの作り方

もやしのカレー醤油炒めの材料

手軽で美味しいもやしのカレー炒めは、家にストックしてあることの多い『乾燥わかめ』を合わせると、色合いと食感に幅が出てより美味しくなると思います。

下ごしらえでの注意点は『炒め物に水気は大敵なので、もやしとわかめの水気をしっかり切ること』です。

もやしはさっと洗ってしっかり水気を切り、乾燥わかめも水で戻したら手でギュッと水気をしぼっておきます。また、スピーディーに炒め物を仕上げるために調味料もすべて量っておくとよいです。

もやしのカレー醤油炒めのレシピ/作り方

フライパンに少し多めのサラダ油(大さじ1)を入れて強火で熱します。※この炒め物は終始強火で仕上げます

熱くなったらもやしを入れ、フライパンをふりながらもやしに火を通します。もやしに少し透明感が出て、半分くらいは火が通ったかな、というころまで炒めます。

次にカレー粉を全体にふりかけて、箸で混ぜ合わせるなどして全体にカレー粉をいきわたらせます。カレー粉を入れた状態で少しだけ炒め、油やもやしにカレー風味をしっかりつけるわけです。

続けて、わかめをほぐし入れ、Aの調味料を加えて炒め合わせます。強火のまま、醬油やもやしから出た汁気を軽く煮詰め、味見をしてみて必要があれば塩ひとつまみ(分量外)くらいの調整をして完成です。

※もし時間があれば※
下ごしらえの段階で、ボウルにもやしとひたひたの水を入れて20~30分くらい浸しておいてください。そうすると炒めた後のもやしに、ハリがある感じがより出てくれて食感がよくなってくれます!

【補足】

  • 熱々が美味しいですが、冷めてからも味がしっかりしているので、冷蔵庫に入れておけば翌日まで美味しく食べれます。
  • カレー&醤油の組み合わせが美味しいと思うので、味付けのメインは塩ではなく醤油でやっています。
  • 乾燥わかめの代わりに、ボリュームを出すための他の野菜を加えたり、ひき肉や豚バラ肉などを加えても美味しいです。
  • 器情報:阿部春弥さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ