おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

手羽元で手軽に!和風ローストチキンのレシピ/作り方

和風ローストチキンの写真

調理時間:30分以下※下味の漬け込み時間を除く

ローストチキンは手羽元で作ると、普段のおかずにお弁当に、おもてなしにといろいろ使えます。

オーブンを使う料理ですが、慣れれば簡単。下ごしらえ自体の時間は5分もかからないので、ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
鶏肉
お弁当
おもてなし
クリスマス

印刷する

和風ローストチキンの材料(2人分)

  • 手羽元 … 8本(400~500g)
  • 生姜 … 1/2かけ(5gほど)
  • 濃口醤油 … 大さじ3
  • 酒 … 大さじ1

スポンサーリンク

和風ローストチキンの作り方

ローストチキンの下ごしらえと味付け

ローストチキンの材料は『手羽元・生姜・醤油・酒』です。生姜は皮をむき、すりおろしておきます。

※たれの割合は醤油3:酒1。白ごはん.comの唐揚げレシピは醤油2:酒1ですが、衣のないローストチキンは醤油の割合を少し増やした方が美味しくなります!

ボウルやビニール袋に、手羽元とおろし生姜、Aの調味料を入れて混ぜ合わせます。漬け込む時間は45分~1時間ほどで、途中3~4回くらい上下を返して漬かり具合を均一にしてあげます。

また、漬け込んでいる間に、オーブンは事前に予熱で熱しておき、漬け込みが終わればオーブンシートを引いた天板に汁気を切った手羽元を広げ並べます。

※手羽元が太めのものだったり、味を濃く仕上げたいという場合などは、漬け込む前に手羽元の中央の骨にそって1~2か所包丁で切り込みを入れてもよいです。

和風ローストチキンのレシピ/作り方

レンジの種類によってオーブンの加熱上限の幅がありますが、250℃なら25分300℃なら20分を目安に焼けば、こんがりと美味しそうな焼き色がついてくれると思います。

あとは焼き立てを器に盛り付けて完成です。熱々でも、冷めても美味しいので、普段のおかずにお弁当に、時にはおもてなしにと、ぜひ作ってみてください。

【補足】

  • 調味料への漬け込みをビニール袋でやると、上記Aの醤油大さじ3、酒大さじ1の分量でもう少し多めの本数を漬け込めると思います。適宜調味料は醤油3:酒1の割合で調整してみてください
  • 生姜をなくして、下味をつけるときに「ゆずの輪切り(1/2個分)」をもみ込んでも、ゆずの風味をきかせても美味しいです。

から揚げも醤油をきかせてごはんにあう味に!

ローストチキンと同じように唐揚げも醤油をきかせると香ばしくて、食欲そそる味わいになってくれます!「鶏のから揚げのレシピ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ