おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鍋炊きご飯の炊き方/レシピ

鍋炊きご飯の炊き方の写真

調理時間:30分以下※米を浸水する時間を除く

ご飯は鍋で炊くとほんとうにおいしい!味の違いもさることながら、米を浸水さえしておけば‟思ったよりも簡単”であることにも気づかれるはずです。

時間も比較的短くて『浸水させておけば、そこから20分とかからず炊けてしまう』のです。 ふっくらとした炊き立ての美味しさは格別ですし、冷めてからも再加熱しても、炊飯器とは一味違う味わいとなってくれるはず!

このレシピのキーワード
毎日の食事
おもてなし

印刷する

鍋炊きご飯の材料(2~3合分)

【2合を炊くとき】
  • 米 … 2合
  • 水 … 450mlが目安
【3合を炊くとき】
  • 米 … 3合
  • 水 … 650mlが目安

スポンサーリンク

鍋炊きご飯の炊き方の作り方

ごはんを鍋炊きする前に必要なこと

ごはんを鍋で炊くための下ごしらえは『米を研いだあとにしっかり浸水させておくこと』です。 お米は水分値まで管理されている‟乾燥野菜”のようなもの。だからこそ鍋炊きでスムーズに米の芯まで火を通すには、事前に水を吸わせておく必要があるわけです。

『おいしい米の研ぎ方』も参考にしてみてください。

浸水時間は目安として『夏場は30分、冬場は1時間』水温や室内の温度などによって浸水度合いが変わってくるので、夏と冬とで時間が変わってきます。

米は浸水させていると透明感のある状態から徐々に真っ白に変わります。下の写真のように全体が白濁したら浸水完了です。

※美味しさにこだわるなら、浸水させる水も浄水器を通すなどしたきれいな水にするとよいです(下記補足も参考に!)

鍋炊きご飯の炊き方(水の分量)

米が浸水できたら、ざる上げして水をしっかり切ってから鍋に移します。加える水の量は2合に対しては水450ml、3合に対しては水650mlを目安に水を加えてください。

鍋炊きご飯の炊き方(火加減と時間)

炊く前に米が平らになるように手でさっと混ぜてから、鍋を火口の中央において中火にかけます(2~3合炊くならはじめから強火はNGです)。

“鍋の中でぶくぶく音がする”、“蓋から泡がこぼれ出てくる”などして、沸騰が確認できます。『沸騰したらそのまま2分炊き、その後火を少し弱めて3分、続けて弱火に落として5~7分炊く』のが基本の炊き方となります。

計10~12分炊いたら蓋を少し開けてみて、水分が残っていないかを確認します。水がなくなっていれば炊き上がりです。
※ごはんの表面や鍋肌から水や泡がブクブク出ているようなら、まだ水気を飛ばし足りていない状態。その場合は弱火のまま水気がなくなるまで、追加で1~2分ごとに確認しつつ火にかけてください。

炊き上がれば蒸らしの10分に入るのですが、蓋を開けたことで鍋内の温度が下がっているので、蓋を戻してから中火に5~10秒ほど火にかけます。

※炊く米の量が少ない場合や、鍋の種類などによってははじめの沸騰がわかりにくいことがあるので注意が必要です!

※おこげを作りたいときは適宜蓋を戻した後の中火の時間を長くしてみてください。水がないと鍋の中からパチパチと音がするので、中火でその状態を保っておこげを作ります。

鍋炊きご飯の炊き方(蒸らして完成!)

炊けたご飯は蒸らしてはじめて芯までふっくら美味しくなります。その蒸らしの時間は10分。蓋をしたまま待ちます。

蒸らしを終えたら、しゃもじでさっくりと混ぜてからいただきます。*食べるまでに時間がある場合は、布巾を蓋と鍋の間にはさむなどしてそのまま置いておくか、余分な水分を吸ってくれるおひつなどに移すとよいです。

土鍋や吹きこぼれやすい鍋で炊くときは?

白ごはん.comでは「文化鍋」といわれる吹きこぼれしにくい鍋で炊いています。通常の蓋付き鍋で炊く場合は、中の水が沸騰した後に吹きこぼれないくらいの火加減まで弱めるとよいです(鍋に合わせて適宜調整を!)。

吹きこぼれない火加減で3~4分炊いたあとに、弱火に落として水気がなくなるまで火にかけるようにしてください(水が飛びにくいので基本の炊き方よりも時間が少し長くかかると思います)。

※ちなみに「土鍋ごはんの炊き方」は‟沸いたらすぐ弱火にして15分ほど火にかける”という炊き方になります。

【補足】

  • 鍋炊きご飯は、炊き立てはもちろん、冷めてからも米がもっちりして美味しいのが特徴です。
  • はじめに加える水分量が適度に多い方が粘りが強いご飯が炊けます。なので2合に450ml、3合に650mlとしていますが、2合に400ml、3合に600mlでもOKです(上記の時間通り炊いてみても水が残りやすかったなどあれば減らしてみてください)。
  • 米を研いで浸水させておくのは、炊く前に浸水させても、前日でも、一食前(晩ごはんで炊きたいなら昼ごはんの時)でもやりやすいタイミングでOKです。ただ、すぐに炊かない時は、浸水させた米をざる上げしてしっかり水気を切り、ラップをして冷蔵庫で保存してます(※冷蔵庫で夏なら翌日まで、冬なら2日目までなら美味しく炊けます)。
  • このレシピでは「米と研いで浸水させた後に、一度ざる上げし、計量した水を加える」という工程にしています(そのやり方が水の代わりにだし汁を加える炊き込みご飯などと共通の方法だからです)。ただ、白ごはんを炊く場合に限っては、「浸水させる段階できちんと水を計量して加え、米が水を吸って白濁したらざる上げせずにそのまま炊き始める」というやり方でもOK。そのときは2合で450~500ml、3合で650~700mlの水を加えてみてください。
  • 蓋の閉まる鍋ならどんな鍋でも炊くことができますが、どの鍋でも炊きあがりの容量が7割以下となる分量で炊くのが吹きこぼれにくく炊きやすいと思います。
  • レシピ更新情報:工程写真を差し替え、水分量を固定化しました(2017.2更新)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ