おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

夏野菜の揚げびたしのレシピ/作り方

夏野菜の揚げびたしの写真

調理時間:30分以下※味を染み込ませる時間は除く

夏野菜を揚げてお浸しの地に漬けるだけ。しかも野菜だけなのに立派な主菜となってくれるレシピです。

作った翌日でも美味しいので、ちょっとした夏のおもてなしにも使えるのでとても便利。“お浸し”という調理法の懐の深さを実感させてくれます!

このレシピのキーワード
オクラ
アスパラ
かぼちゃ
なす
常備菜
夏野菜
野菜たっぷり
おもてなし

印刷する

夏野菜の揚げびたしの材料(2~3人分)

  • なす … 1本
  • オクラ … 3~4本
  • アスパラガス … 2本
  • ズッキーニ … 1/2本
  • かぼちゃ … 100g
  • 赤パプリカ … 1/3個
  • 甘長とうがらし … 2本(あれば)
  • 揚げ油 … 適量
  • だし汁 … 300ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • みりん … 大さじ2と1/2

※野菜はこれらを参考に、用意できるものを組み合わせてみてください。

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

夏野菜の揚げびたしのレシピ/作り方

夏野菜の揚げびたしの材料

夏野菜は用意できるものでいいので、材料欄を参考に数種類ほど用意してください。上の材料以外には、新ごぼうやいんげん、ピーマン、しし唐辛子などもおすすめです。

*切り方の目安 … なすは縦6等分にして水にさらし、オクラはがくをむき取ってそのまま、ズッキーニは輪切りか半月切り、かぼちゃは食べやすい大きさにして6~7㎜幅に、パプリカは1cm幅、アスパラは硬い根元を切り落として2~3等分の幅に切ります。

※甘長とうがらしやしし唐辛子を丸のまま揚げる場合は注意が必要です※下写真のように包丁で切れ目をいれないと、揚げている途中で野菜が破裂して油が飛び散ることがあるので気を付けてください。

※上の写真は4~5人分を作った時の分量なので、2人分であれば上記材料の分量を参考にしてください。

揚げびたしは、揚げた野菜を熱いうちにお浸しの地に浸け込むので、先にAを保存容器に合わせておきます。 また、なすなど水にさらした野菜は揚げる前にキッチンペーパーなどで水気をしっかりふき取っておきましょう。

夏野菜の揚げびたしのレシピ/作り方

揚げ油を170~180℃に熱し、野菜を素揚げしていきます。かぼちゃは2~3分ほど、その他の火の通りやすい野菜は1分ほどが目安となります。 揚がったら、よく油を切って熱いうちにAに浸け込みます。浸け込んだものは冷蔵庫に入れ、味をなじませた後にいただくのがおすすめです。

※食べごろはしっかり味の染み込む4~5時間後くらいからです(急いでいるときでも、最低2時間くらいはなじませたいところ!)。冷蔵庫に入れておけば2~3日ほど日持ちします。

※揚げ加減は慣れるまで難しいのですが、野菜から出てくる泡の出方や、箸で持ち上げたときの重さが目安となります。

【補足】

  • この揚げびたしは、夏場にそうめんと一緒に食べても美味しいです。その時は浸け汁もつゆに活用するとよいです。そのままでは少し味が薄いので「浸け汁大さじ6+醤油大さじ1」くらいの割合で、醤油を足し入れるとよいです。
  • お浸しを食べ終わった浸け汁は、その他にだしで割って煮物や汁物に活用しても。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ