おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なすの田楽のレシピ/作り方

なすの田楽の写真

調理時間:20分以下

熱々でも、冷めても美味しいなす田楽。夏の時期の副菜として活躍してくれます!

柔らかい食感とコクのある甘みが夏でも食べやすいので、料理屋さんのお弁当などにも入っていますね。

作り方もシンプルなのでぜひお試しください。

このレシピのキーワード
なす
お弁当
みそ

印刷する

なす田楽の材料(2~3人分)

  • なす … 2本
  • 片栗粉 … 小さじ1程度
  • けしの実 … あれば少々
  • 揚げ油 … 適量
  • 赤みそ … 大さじ2
  • 砂糖 … 大さじ3
  • 酒 … 小さじ4
  • みりん … 小さじ2

スポンサーリンク

なす田楽の作り方

「なすの田楽」のなすの切り方

なすの田楽に使うなすは、「米なす」でもいいのですが、このレシピではスーパーで年中手に入りやすい15㎝長さ程度の「長なす」で作ります。

まず見ためと食べやすさのために、なすの皮を縞状にむいてから3㎝幅に切ります。 切ったなすは水にさらしてアクをとり、キッチンペーパーなどで水気をふき取ってから粉をまぶします。

粉をまぶすのはボウルの中でも、ビニール袋の中でも、やりやすい方法でOKです。全体にうっすらつく程度でよいので、余分に粉をまずしすぎないことが大切です。

※なすのヘタの近くだけは揚げた後に縦に置くと安定が悪くなるので、横に置いて盛り付けることを考えて切るとよいです。皮はむき取らずに食べやすい幅に切り、天地を少し落としました。

みそだれの作り方

なすを揚げる前に、みそだれを作ります。鍋にAを混ぜ合わせ、少し弱めの中火にかけます。沸いたらヘラで鍋底を混ぜながら3分ほど煮詰めます。

ここでの注意点は『鍋底が焦げないような火加減と、仕上がりのどろっとしたとろみ加減』。みそだれを持ち上げてボタッと落ちるくらいのとろみに仕上げます。
※みそは赤みそがおすすめですが、米みそでも同じように美味しく作ることができます。

なすの田楽の作り方/レシピ

揚げ油を170~180℃に熱し、なすを入れて2~3分ほど揚げます。

しっかり油をきって器に盛り付け、みそだれを上にのせ、仕上げにけしの実や白炒りごまなどを好みでふって完成です。

【補足】

  • フライパンで焼いてもできるのですが、その場合は油を多めにして、揚げ炒めるようにするとよいです。
  • 器情報:藤井敬之さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ