おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

あさりの砂抜きのやり方(時間と保存方法も)

あさりの砂抜きの写真

調理時間:60分超過

あさりはスーパーで買ったものでも砂抜きが不十分であることがあるので、『買ってきたら砂抜きをする』ことが大切です。

その砂抜きは、適切な塩加減と時間、それから冷蔵庫(涼しく暗いところ)で保存することがポイントとなります。

このレシピのキーワード
あさり

印刷する

あさりの砂抜きの材料(やりやすい分量)

  • あさり … 300g程度
  • 水 … 300ml
  • 塩 … 小さじ2弱ほど

スポンサーリンク

あさりの砂抜きのやり方(時間と保存方法も)

あさりの砂抜きの塩の分量

あさりは潮干狩りでとってきたらもちろん、スーパーで買ってきても、砂抜きをしたほうがよいです。その砂抜きをするのに必要なのが『海水程度の塩水』です。

目安として水300mlに対して9~10gの塩を準備してください(これで約3%)。 普通の食塩なら小さじ1と1/2、自然塩なら小さじ2くらいでちょうど9~10gとなります。
※塩は自然塩か精製塩かで、同じ小さじ1でも重さが異なってくるためです!

※あさりの住む海水の塩分はおよそ3.5%くらいなので、それと同じ3~3.5%くらいの塩水を準備してあげます。また、水はカルキ抜きしたものが理想的です(容器に汲み置いて室内に数時間放置しておけばOK)

用意したあさりが重ならないように広げられる大きさのバットを用意し、水と塩を加えます。しっかり塩を溶かして、あとはあさりを広げ入れればOKです。

※3%の海水に近い塩加減をこのとき味見をして覚えておくと、次から塩の量を目分量でも作ることができます。

あさりの砂抜きの時間と保存方法

あさりをバットに入れてみて、あさりを重ならないように並べたら、頭が少し出るくらいのひたひたの分量に量を調整してあげます。塩水が多すぎないほうが、あさりがよく砂を吐き出すため、塩水が多ければ少し捨て、少なければ水と塩を適宜足し入れます。

あさりの砂抜きの保存方法は『冷暗所』が適しているので、私はいつも新聞紙を上にかぶせてラップをし、冷蔵庫か冷暗所(室内)で保存しています(室温の高いときは必ず冷蔵庫、寒い時期は特に冷蔵庫に入れなくてもOK)。新聞は光を遮断するとともに、あさりが勢いよく吐き出した塩水が外に飛び散ることも防いでくれます。

※あさりの砂抜きの時間は、スーパーで買ったものなら最低2~3時間、潮干狩りのものなら一晩ほど塩水につけておくとよいです(潮干狩りの場合はあさりが取れた場所の塩水がいちばんです。こちらに関しては詳しいページが他にたくさんありますので、そちらも参考に!)。

あさりのおすすめ料理 ※写真からもページへ移動可

「あさりの酒蒸し」…あさりのいちばんシンプルな料理。ねぎや三つ葉を一緒に蒸すのがおすすめ!

「あさりのバター醤油」…えのき茸を合わせて、バター醤油味にした定番おかず!

【補足】

  • ※あさりの砂抜きがうまくいかないときは※ あさりの保管は冷暗所がいいというものの、冷たすぎるとあまり砂を吐かないようです。冷蔵庫に入れて砂抜きがきちんとできていなかったとしたら、少し庫内があさりにとって寒すぎるのかもしれません。調理の少し前に冷蔵庫から出してあげるなどするとよいです。
  • 1日以上置く場合は、一度塩水を取り替えてあげてください。
  • バットではなくボウルやタッパーでも砂出しはできますが、そのときも塩水をひたひたにしてあげるとよいです。ただ、あさりを重ねすぎてしまうと、上のあさりが砂を吐き出しても下のあさりがとそれを吸い込むことがあるのでできるだけ平らに入れてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ