おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鯛のつけ焼き・木の芽焼きのレシピ/作り方

鯛のつけ焼き・木の芽焼きの写真

調理時間:20分以下※実作業の時間の目安

“桜鯛”といわれるように、鯛は春にも美味しくなります。今回は木の芽を使った焼き物の作り方を紹介します。

なんとも贅沢な焼き物ですので、お花見などにちょうどよいかもしれません。鯛の切り身を使って作ります。

このレシピのキーワード
鯛(たい)
木の芽
おもてなし

印刷する

鯛のつけ焼き・木の芽焼きの材料(2~3人分)

  • 鯛の切り身 … 2~3切
  • 木の芽 … 適量
  • 下ごしらえ用の塩  … 少々
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2

※調味料は“ひたひたにつかる”程度でOKです。 漬け込む切り身の数や大きさによって、適宜調整してください。

スポンサーリンク

鯛のつけ焼き・木の芽焼きの作り方

つけ焼きの基本

鯛の木の芽焼きは、木の芽なしだとシンプルな鯛のつけ焼きになります。つけ焼きは魚の切り身を合わせ調味料につけ込んでから焼き上げる料理ですが、2つほどポイントがあります。

① 鯛の切り身に薄く塩をして30分置いてから、合わせ調味料に漬け込みます!
※塩をすることなく調味料につけ込んでも作れるのですが、魚の水分や脂がしみ込む邪魔をするので、塩をしてからつけ込んだほうがおいしく仕上がります!

② つけ焼きにつけ込んだ後、調味料は捨てずに大さじ2~3ほど取っておく。焼き上がる直前にそれをぬっておいしさアップ!
※焼き上がる直前に合わせ調味料を4~5回ぬって焼き上げることで、味がしっかり乗ったおいしいつけ焼きが出来上がります。

鯛の切り身の下ごしらえ

はじめに鯛全体に薄く塩をして30分ほどおいておきます。塩は両面ふるとよいです(これは魚の余分な水分と臭みを取り除き、あとからつけ込む調味料が入りやすくするため)。 30分おいた切り身は、魚から出てきた水気を軽く拭き取ってからつけだれ(合わせ調味料)につけ込みます。

※切り身が大きければ2等分にしてもいいと思います。

つけ込むのは、バットに並べても、ビニール袋に入れてもどちらでも作りやすい方法でOKです。 醤油(あれば薄口):みりん:酒を1:1:1で合わせたつけだれをひたひたにそそぎ入れます。鯛2切れであれば各大さじ1~1と1/2ほどで十分です。 鯛の切り身のつけ込み時間は20~30分。キッチンペーパーを上に当てて、全体に味をしみ込ませます。

※漬け込んだ後の漬けだれは焼くときに使うので、捨てずに別容器に取るなどしておいてください!

鯛の木の芽焼きの焼き方・仕上げ

つけ込んだ切り身は時間になったら取り出します。このとき忘れずに、つけだれを大さじ2~3ほど捨てずに取っておきましょう。

魚焼きグリルを熱して鯛の切り身を焼き始め、両面焼いて鯛にほぼ火を通します。切り身にほぼ火が通ったら、はけやスプーンを使ってつけだれを塗ります。 塗ってから焼き、表面が乾いたらまた塗って、という作業を4~6回ほど繰り返します。そうすることで焼き色、味ともにおいしく仕上がってくれます。

木の芽がなくても、鯛のつけ焼きとして美味しい仕上がりになりますが、食べる直前に木の芽を包丁でたたいて、焼き立てにまぶすと春らしい彩りと香りをプラスできるのでおすすめです。

【補足】

  • 木の芽は食べる直前にたたかないと、アクが出てきてしまいます。→詳しくは“木の芽の扱い方のページを参考に!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

みんな喜ぶ!お祝いの献立レシピ