かぶの葉(大根の葉)ふりかけの作り方/じゃこと生姜を炒めて作るレシピ

かぶの葉ふりかけの写真
このサイトは、料理研究家 冨田ただすけによる、昔ながらのほっこり系ごはんを伝えるためのレシピサイトです ⇒ HOME画面へ
トップページ
最新のお知らせページ
↑クリックでより詳しいお知らせページへ移動します。
スポンサーリンク

かぶの葉(大根の葉)ふりかけの作り方/じゃこと生姜を炒めて作るレシピ

かぶは葉付きで売られていることが多いです。美味しいのでぜひ捨てずに活用してみてください。
第一候補は菜飯、そして第二候補がこのふりかけ!ふりかけはじゃこと生姜と炒めて、白ごはんによく合う味付けにしています。もちろん大根葉でも代用可。
作り方もいたって簡単なので、ぜひこのレシピお試しください。

かぶの葉ふりかけの写真

 【 かぶの葉ふりかけの材料 】

  • かぶの葉… 150~200g(約1束分)
    ※大根葉でも代用可です
  • ちりめんじゃこ … 40~50g
  • 生姜(みじん切り) … 小さじ1
  • 白炒りごま … 大さじ1
  • A 濃口醤油 … 大さじ3
  • A 砂糖 … 大さじ1と1/2
  • A 酒 … 大さじ2
  • サラダ油 … 大さじ1
スポンサーリンク

  1. かぶの葉(大根葉)を用意する
    ※今回は【かぶ一束分で葉っぱが180g】でしたので、調味料もそれに合わせています。手元にあるかぶの葉や大根の葉の量によって、調味料を調整しつつ作ってみてください※

    かぶの葉は実から切り離してから、ボウルに水をためて全体を振り洗いして汚れを落とします。それから5~6mm幅にざくざくと刻んでおきます。また生姜はみじん切りに、じゃこは釜揚げのものでも、少し乾燥させたものでも、お好みのものを使ってください。

      



  2. かぶの葉をじゃこと生姜と炒めて
    フライパンにサラダ油と生姜のみじん切りを入れて中火にかけます。油が熱くなり、生姜がふつふつとなってきたら、かぶの葉を入れてさっと炒めます。続いてじゃこを加え、全体に油がまわるまで炒め合わせます。

       
    ※火加減は終始中火でOKです!

    フライパンにAの調味料を加え、箸で時々混ぜながら調味料の水分を飛ばしていきます。フライパンの底に調味料の水気がなくなれば火を止めて、炒りごまを加えて混ぜ合わせれば完成です!

       

    【 補足 】
    ・じゃこがなければかつお節に置き換えてもいいですし、サラダ油をごま油に変えてもまた違った風味が楽しめます!
    ・このかぶの葉のふりかけは、温かいうちか当日くらいに食べるのがおすすめですが、冷蔵庫に入れて2~3日くらいは日持ちします。

    【 合わせてみたいレシピ 】
    ・ごはんのおとも … 自家製なめたけ、 手作りごま塩、 ちりめんじゃこの佃煮
               ふきのとう味噌、 自家製しば漬け、 だしがらを使った鰹ふりかけ

【 facebookページや他の関連サイトもぜひご覧ください!! 】


スポンサーリンク

トップページアイコン
簡単スピードCookアイコン
LINEブログアイコン ブログアイコン
スポンサーリンク

【 レシピ検索はこちらから 】

【 白ごはん.comのお知らせ 】

↑クリックで最新お知らせページへ!


↑定番の厚焼き玉子です。
シンプルな味付けが一番!