おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ばっちり味が決まる!豚キムチのレシピ/作り方

豚キムチ炒めの写真

調理時間:20分以下

高校生のころ、家に遊びにきた友達に何度もふるまった豚キムチ。あれからバージョンアップを繰り返しました。

ポイントは「食感のある食材づかいと醤油の使い方」で、豚肉や野菜をはじめに炒めて醤油でしっかりと下味をつけ、最後にキムチやニラを加える作り方です。

このレシピのキーワード
キムチ
豚肉
お酒のつまみ
もやし
ニラ
玉ねぎ

印刷する

豚キムチ炒めの材料(2人分)

  • 豚バラ肉(薄切り) … 200g
  • 白菜キムチ漬け … 150~200gほど
  • 玉ねぎ … 1/2玉
  • 豆もやし … 1/2袋(100g)
  • ニラ … 1/2束
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • ごま油 … 小さじ1
  • 醤油 … 大さじ1
  • こしょう … 少々
  • 塩 … 仕上げに適宜

スポンサーリンク

豚キムチ炒めの作り方

豚キムチの下ごしらえ

豚キムチには、風味が立ちやすい生姜やニラはぜひ入れたいところ。今回はそこに食感よい豆もやしも合わせています。

生姜は皮をむいてせん切りに、玉ねぎは3~4㎜幅に繊維にそって切ります。

また、豚肉は2㎝幅に、ニラは3~4㎝幅に切り、市販のキムチはカットされてないものであれば、食べやすく切っておきます。

豚キムチのレシピ/作り方

フライパンにごま油と生姜を入れて中火にかけ、香りが立ってくれば豚肉を広げ入れて両面をさっと炒めます。

※薄切り肉は肉どうしがくっつきやすいので、入れるときにある程度は肉をはがしながら広げるとよいです。片面に火が通れば、よりはがしやすくなるので、くっついている肉があればほぐしながら炒めます。

豚肉にある程度火が通れば、ここで強火にして、玉ねぎと豆もやしを加えます。フライパンをふって炒め合わせ、玉ねぎに火を通します。

玉ねぎに火が通れば、醤油とこしょうで味付けをします。※豚キムチはキムチの味付けに頼りがちですが、キムチを入れる前の段階で全体に醬油味をつけておくと、しっかり味がついて美味しく仕上がると感じています。

醤油が全体にいきわたれば、キムチとニラを加えます。

全体を混ぜ合わせ、キムチから出てくる汁気を軽く飛ばせば完成です。

※キムチの味付けが商品によって様々なので、一度味見をしてみて、塩気が弱いと感じたら最後に塩を加えて調整するとよいです!

【補足】

  • キムチは最後に加えて、火を通しすぎないようにするとよいです。
  • 個人的に豚キムチの中に、豆もやしのしっかりとした食感があるのが好きなので、豆もやしの指定レシピにしています。好みで普通のもやしに変えてもOKですので!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ