おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

美味しいポテトサラダのコツとレシピ/作り方

ポテトサラダの写真

調理時間:30分以下

ごはんのおかずに、ビールのおつまみに、子供から大人まで大好きなポテサラことポテトサラダ。

家庭によっていろんな具材、いろんな味付けがあると思います。今回このレシピは、できるだけ定番の具材・味付けで、たくさんの人にとって美味しいと思えるようなポテトサラダを作りたいと思って作りました。ぜひ一度お試しください。

このレシピのキーワード
じゃがいも
きゅうり
お弁当
サラダ
野菜たっぷり
お酒のつまみ

印刷する

ポテトサラダの材料(2~3人分)

  • じゃがいも(男爵いも) … 3個(約300~350g)
  • きゅうり … 1/2本
  • 玉ねぎ … 1/4~1/6個
  • ゆで玉子 … 1個分
  • ハム(薄切り) … 2枚
  • マヨネーズ … 45g(大さじ3くらい)
  • 粒マスタード … 小さじ1/2
  • 塩 … ひとつまみ
  • 粗挽き黒胡椒 … 少々

スポンサーリンク

美味しく作るコツ満載!ポテトサラダの作り方

美味しいポテトサラダを作る4つのコツ

ポテサラの芋のつぶし加減や、ペッパーをどのくらいきかせるか、そういったところは好みで加減してもらうといいので、それ以外の美味しく&手軽に作るレシピのコツを4つまとめてみました。詳しいコツの説明はレシピ詳細にて。

① ポテトの種類は、ホクホクの“男爵いも”がおすすめ!
② 丸ごと皮付きでゆでなくても、つぶしやすい大きさに切ってからゆでる!
③ きゅうりと玉ねぎは氷水+塩でしゃっきりさせる!
④ ポテサラにコクを出すために、マヨネーズ+ゆで玉子!

ポテトサラダの芋の種類とゆで方(コツ①②)

スーパーに並ぶじゃが芋には、男爵いも、メークイン、きたあかり、などいくつかの種類があります。 その中でも一番ホクホク感のあって他の調味料とも相性のよい“男爵いも”が、ポテサラには最適だと思います。

芋のゆで方は、皮ごと蒸したりゆでたりする方法もありますが、熱々のものを軍手をして皮をむくというのも大変なので、 『ピーラーで皮をむいてから、つぶしやすい大きさに切ったものを塩ゆでする』、この方法がおすすめです。

今回私は芋のごろごろ感が多少残るポテサラにしたかったので、皮をむいたものを1~2㎝角くらいになるように切りました。鍋にたっぷりの水と芋を入れ、そこにティースプーン山盛り1杯ほどの塩(分量外)を加えて水からゆでます。

ゆで加減は手で押してつぶせるくらいまでしっかりゆでてあげます。手でつぶしてみたり、竹串で刺してみたりして、柔らかくなるまでゆでましょう。

芋が柔らかくなればざる上げして、そのまま粗熱を取ります。それから冷蔵庫に入れて冷やしておきます。

※芋は皮ごとゆでる方がいい、さらに熱いうちにつぶした方がつぶしやすいし水気もさらに飛ぶ、といった考え方もあります。でも男爵いもを適当な大きさに切ってから塩ゆでして、水につけることなく冷まして他の調味料と混ぜ合わせる、という工程は個人的にとても理にかなったものだと思っています。ゆでる時間が短いので、省エネなうえ塩気も適度につきやすいので、水っぽさを感じたことはありません。ですので、この方法をおすすめとして紹介しました。

ポテサラの具材の準備(コツ③)

玉ねぎときゅうりは、それぞれ薄切りにします。この後の工程で「玉ねぎは辛みを抜き」「きゅうりは塩をしてしんなりさせたい」ので、 海水くらいの濃いめの塩水に氷を入れて、玉ねぎときゅうりの下ごしらえを同時にすると便利です。
→水300mlに小さじ2ほどの塩を入れ、そこに氷を一つかみ加える、という割合です。そこに薄切りにしたきゅうりと玉ねぎを10分ほどひたします。ざる上げしたら両手でしっかりと水気をしぼって、下ごしらえの完成です。

他に、ハムは1㎝弱の幅の短冊切り、卵を固ゆでにして、黄身も白身もすべて粗く刻んでおきます。これでポテサラに入れる具材がすべてそろったので、味付けの作業に入ります。

ポテトサラダの味付けのレシピ(コツ④)

ゆでた芋の粗熱が取れて冷蔵庫で冷やせたら、そのほかの具材と合わせ、味付けをしていきます(芋がまだ熱い状態だと、マヨネーズが分離してしまうので、しっかり冷ましてから味付けをするようにしてください)

まずボウルにゆでたじゃが芋をいれ、スプーンやヘラなどで好みの大きさにつぶします。今回私はスプーンで粗くつぶしました。 ここでのつぶし加減はお好みで(なめらかになるようにポテトマッシャーを使ってもいいですし、スプーンで粗くつぶしても)。

それからまず全体にしっかり混ぜ合わせたい調味料と具材(マヨネーズ、胡椒、マスタード、ゆで玉子)を加えます。ゆで玉子はマヨネーズだけだとコクが物足りないので、加えるとぐっと美味しくなります。 粒マスタードは風味をほんの少しよくするために、隠し味程度に使ってもよいと思います(粒マスタードはお好みで)。

後はきゅうり、玉ねぎ、ハムを加えて混ぜ、味をみます。最後の味の調整は、全体的に味が薄ければマヨネーズを足し入れ、コクは十分あるけど塩気が足りないときは塩だけを加えます。 冷蔵庫で冷やし、盛り付ける時に好みで粗挽きの黒胡椒をたっぷり振りかけても美味しいです。

【補足】

  • 好みで人参やグリーンピースなど具材を変えてみてもいいですし、手作りマヨネーズで挑戦したり、ゆで玉子の代わりに“卵黄”だけを加えてコクを出す、なんて方法もあります。ポテサラは家庭でも作る機会が多いと思いますので、ご家庭のポテサラレシピの参考にしていただければうれしいです。
  • 器情報:藤井敬之さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

体があったまる鍋&汁物ランキング