おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

五目ごはん(かやくご飯)のレシピ/作り方

五目ごはん(かやくご飯)の写真

調理時間:20分以下※浸水や炊く時間を除く

五目ご飯のことを関西の方面では“かやくご飯”を呼ぶことが多いようです。根菜のごぼうやにんじんに干し椎茸、油あげに美味しいだし汁を合わせれば うま味の強く出る鶏肉を入れなくても十分に美味しい、食べ応えのある炊き込みご飯が作れます!

このレシピのキーワード
ささがきごぼう
干し椎茸
にんじん
ごぼう
油あげ

印刷する

五目ごはん(かやくご飯)の材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • 干し椎茸 … 中サイズで1~2枚
  • にんじん … 1/4本
  • ごぼう … 1/4本
  • こんにゃく … 1/4枚
  • 油あげ … 1/2枚
  • だし汁 … 約350ml(※)
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2と1/2
  • みりん … 大さじ2と1/2

※椎茸の戻し汁とだし汁を足して350mlが目安

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

五目ごはん(かやくご飯)の作り方

五目ご飯の具材の準備

かやくご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。※浸水時間は30分~1時間ほど。浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しい炊き込みご飯になります!また、干し椎茸もひたひたの水で戻しておきます(戻し汁は後から使うので捨てずにとっておきます!)

※浸水なしで研いだ米をざる上げして、そこにAを加えて炊くこともできます。炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。

※干し椎茸の戻し汁を後から使うときは、細かいごみが入っていることがあるので、細かいざるや茶こしなどでこしながら加えるとよいです。

ごぼうはささがきにして水にさらし、戻った椎茸は軸を切り落として薄切りにします。にんじんは5~6㎜角の角切りか4~5㎝長さのせん切りなど好みの形に切り、油あげは5㎜四方ほどの粗みじん切りにします。こんにゃくは厚みを2~3等分にして、細い棒状に切ります。

※油あげの油抜きはお好みで。上品な仕上がりにしたい場合は、油あげを切る前に熱湯をかけて油抜きするとよいです。

五目ご飯のだし汁、調味料の合わせ方

米が浸水できたら、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。炊くときのポイントは『浸水した米を一度ざる上げして、しっかり水気を切ってからAを合わせること』『炊飯器なら目盛を優先して、だし汁を最後に調整すること』『具材をはじめから入れて炊くこと』です!

炊飯器なら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って、炊飯器の内釜に移します。そこに醤油、みりんを先に加え、それから椎茸の戻し汁を全量入れて、さらに2合の目盛までだし汁を注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。

※米が調味料を吸いやすいので、調味料を入れた後はすぐにだし汁を加えるとよいです(気になる場合は先にだしを少し入れておくとよいと思います)

※だし汁の目安350mlは、椎茸の戻し汁と合わせた分量なので、戻し汁を全量使い、目盛まで足りない分だけだし汁を加えてください。

鍋炊きなら … 米が浸水できたら、一度ざるにあけてしっかり水気を切って鍋に移します。そこに、だし汁350ml(椎茸の戻し汁とだし汁を合わせて350にする)、醤油、みりん各大さじ2と1/2を合わせたものを注ぎ入れます。さっと全体を混ぜ合わせます。

五目ごはんの炊き方

②で準備のできた釜に具材を上から加え、炊き始めます。炊飯器ならスイッチを入れ、鍋炊きなら鍋炊きの詳細ページも参考に、炊いてください。 炊きあがったら、さっくりと底から混ぜ合わせて完成です。

【補足】

  • 3合を炊く場合は「だし約550ml、醤油(あれば薄口)大さじ4、みりん大さじ4」が目安となります。
  • 炊き込みごはんの調味に使うだし汁の取り方も参考にしてみてください → 「昆布とかつお節のだしの取り方のページ」
  • 五目ごはんには、こんにゃくなどの味ののりにくい具材が入っているので、少し濃い目のかつおだし(水に対して昆布とかつお節が1.5%くらい)にするとより美味しく仕上がります!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ