おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

生姜の佃煮のレシピ/作り方

生姜の佃煮の写真

調理時間:20分以下

「ごはんが進む佃煮レシピを紹介してください」と言われたら、私は迷わずこの佃煮を紹介します。

年中スーパーで売っている“ひね生姜”で作れるし(しかも生姜はそんなに高くないし)、何よりも生姜のピリッとした辛みがごはんを進ませるんです!

作り方も比較的簡単で、10分たらずでできるのもいいところ。ぜひ生姜の佃煮お試しください。朝食にもぴったりです。

このレシピのキーワード
生姜
保存食

印刷する

生姜の佃煮の材料(4~5人分)

  • 生姜(ひね) … 200g
    ※今回は皮をむいた状態で200g(皮ありで220g)使用
  • 炒りごま … 大さじ1
  • かつお削り節 … 1~2パック
  • 濃口醤油 … 大さじ4(60ml)
  • 酒 … 大さじ3(45ml)
  • 砂糖 … 大さじ2(30ml)
  • みりん … 大さじ2(30ml)

スポンサーリンク

生姜の佃煮の作り方

生姜の佃煮の生姜の切り方

生姜の佃煮に使う生姜は、年中スーパーで売っている“ひね生姜”がおすすめです。まず生姜は洗ってから、スプーンなどを使って皮を薄くむきます。

続いて生姜を切るのですが、2㎜角くらいのせん切りが食べやすく、生姜の風味も感じる美味しい太さだと思います!※細すぎると食べごたえがないし、太すぎると辛さを感じやすいので、ここはお好みで調整してみてくださいね。 切った生姜は一度さっと水にさらしてから水気を切っておきます。

※せん切りのやり方は、「薄切りにしてから並べて切るやり方」がベストだと思います。詳しい切り方も参考にしてみてください→千切りの切り方詳細

生姜の佃煮のレシピ/作り方

生姜が余裕をもって入る鍋を用意し、まずはじめに鍋にAの調味料をすべて合わせます。鍋を火にかけて調味料が沸いてきたら、水気を切った生姜のせん切りを加えます。

火加減は中火に落とし、およそ6分くらい炊きます。(※はじめは生姜が頭を出しているが、1~2分炊くと生姜のかさが減って汁気のほうが多くなります)

6分中火で炊くと、汁気もだいぶん減ってきます。そのあとは、かつお削り節を手でもんで細かくし、その粉を入れて混ぜ合わせます。火加減を弱火に落とし、炊くのはそこから1~2分程度で十分だと思います。 下の写真右くらいの「少しだけ汁気が残っている状態」くらいがおすすめ。味をみてみてよければ火を止めます。

最後に炒りごまをふって混ぜ合わせて完成です。粗熱が取れたら冷蔵庫で保管します。1週間くらい保存可能です。

【補足】

  • 器情報:清水なお子さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ