おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

にんじんの葉の手作りふりかけのレシピ/作り方

にんじんの葉の手作りふりかけの写真

調理時間:10分以下

にんじんの葉は柔らかければきんぴらや炒め物などにも使えますが、少し大きく育ったものだと少し硬く感じてしまいます。

どちらかというとにんじんの葉は比較的大きくなってから間引いたものの方がよく売られているので、そういった大きさの葉っぱでも美味しく食べられるのはやっぱり「ふりかけ」だと思います。

ふりかけなのですが、にんじん葉の風味を楽しむために、風味の強い調味料や食材(ごま油、じゃこ、かつお節など)は使っていないレシピです。

このレシピのキーワード
にんじん
ふりかけ
始末の料理

印刷する

にんじんの葉の手作りふりかけの材料(作りやすい分量)

  • にんじんの葉 … 50g
  • 煎りクルミ … 20g
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1/2
  • 砂糖 … 小さじ1
  • 塩 … ひとつまみ
  • こしょう … 少々

スポンサーリンク

にんじんの葉の手作りふりかけの作り方

にんじん葉の切り方

今回は葉が30㎝ほど、にんじん自体も10cm以上に成長したものを購入しました。若いにんじん葉は、炒め物やゆでて和え物などにも使えますが、このくらい大きくなったものは筋っぽく感じるようになります。 なので、ある程度大きくなったにんじん葉は細かく刻んで、手作りふりかけにするのがいちばん!だと思います。

にんじん葉にあわせるのは“煎ったクルミ”。一般的な手作りふりかけのレシピは、じゃこやかつお節、ごま油などを合わせて風味よく仕上げることが多いですが、 それらを合わせるとせっかく独特の風味のあるにんじん葉の特徴がかき消されるので、今回はクルミだけを合わせました。なければ白ごまでもOKです。

にんじん葉は、茎は5㎜幅に、葉は6~7㎜幅に刻みます。クルミは煎ったものを用意し、粗く刻みます。

※生クルミの場合は、オーブンやフライパンなどでまとめて煎ってあげるとよいです。

にんじん葉のふりかけのレシピ/作り方

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、にんじん葉の茎とクルミを炒めます。茎がしんなりとすれば、葉を入れて炒め合わせます。

葉がしんなりとして火が通れば、Aの調味料を加えて味付けします。火を弱めて、醤油の水分を軽く飛ばすように混ぜながら煮詰めて、完成です。 冷めたら保存容器に入れて、ごはんと一緒にいただきます!

【補足】

  • 味付けがさほど濃いめではないので、冷蔵庫で保存して3日ほどで食べきるとよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ