おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なめこおろし和え(なめこおろし)のレシピ/作り方

なめこのおろし和えの写真

調理時間:10分以下

なめこと大根おろしと大根の葉っぱ、材料も作り方もいたってシンプルです。味付けも醤油のみの方が、ごはんにも合うし、美味しさが引き立つと思います。

もし大根の葉がないようなら、刻みねぎやさっと火を通した三つ葉、ゆでたモロヘイヤなどでも美味しい組み合わせになります。

このレシピのキーワード
なめこ
大根おろし
かぶや大根の葉

印刷する

なめこのおろし和えの材料(作りやすい分量)

  • なめこ … 1パック
  • 大根 … 200gほど
  • 大根の葉 … 適量
  • 醤油 … 適量

スポンサーリンク

なめこのおろし和え・なめこおろしの作り方

大根おろしを用意する

まずはなめこおろしのベースとなる“大根おろし”を準備します。そのときの注意点は、「直前におろすこと」と「水気をしぼること」の2つ。

大根おろしはおろしてから数時間もすれば臭みがでてくるので、できるだけ和える直前におろします。また、下の写真のように大根おろしをざるに入れ、余分な水分を押し出すと水っぽさがなくなります。
※水気を切るとき、大根の汁をパサパサになるまで切りすぎるとかえって美味しくないので、注意してください!

※おろし方や水気の切り方など「大根おろしのおろし方」のページも参考にしてみてください!大根の中央部分がおろしても甘みと辛みのバランスがよいので、そのあたりを使うのもおすすめです。

なめこのおろし和えの作り方

次に、主役のなめこと青みの大根の葉っぱを用意します。まず、大根の葉っぱは細かく刻み、熱湯でやわらかめに塩ゆでして、冷ましてよくしぼっておきます (大根の葉っぱが多すぎると少し食べにくくなるので、ゆで上がった状態でなめこの1/5ほどあれば十分です)。

なめこはパックの物でも株付きのものでもどちらでも用意しやすいものでOKです。ざるに入れてさっと熱湯をかけるか、大根の葉っぱをゆでる前にでもさっと湯に通して、そのまま冷まします。 水に浸けて冷ますと仕上がりが水っぽくなるので、水には浸けないことも大切です。

3つの具材をボウルに合わせて混ぜ合わせ、醤油を加えます。味付けは醤油だけで十分だと思います(特にごはんと食べるなら)。ただ、 ここに柑橘系の酸味を足したり、柚子皮をふったりしても美味しいので、お好みで試してみてください。

【補足】

  • 大根の葉っぱがない場合は「刻みねぎ」「さっとゆでた1㎝幅ほどの三つ葉」「ゆでて叩いたモロヘイヤ」「柔らかくゆでて刻んだほうれん草や小松菜」などでも美味しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ挑戦してもらいたいレシピ