おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

大根おろしの作り方/おろし方

大根おろしの作り方の写真

調理時間:10分以下

おいしい大根おろしのポイントは「どの部分をおろすのか」「水気をどのくらい切るのか」、この2点です。

おろした大根をしぼる方法も2通りあります。料理屋さんでは巻きすを使っていたりもするんです!そちらも合わせて紹介します。

このレシピのキーワード
大根
薬味

印刷する

大根おろしの作り方/おろし方の材料(分量不問)

  • 大根 … 適量

スポンサーリンク

大根おろしの作り方/おろし方の作り方

大根の部位による味の違いについて

大根は大きく3つの部分に分けられます。まず簡単におおまかな用途を紹介します。
葉っぱ側…辛味が弱く、甘みのある部位。生食や漬物向き。大根おろしでも辛味が少なく食べやすい。
中央…大根本来の甘みが強い部位。何にしても美味しい。大根おろしにするにも一番美味しい。
根っこ側…辛味・アクが一番強い部位。味噌汁の具や漬物向き。大根おろしにすると辛さが際立つ。

※美味しい大根おろしを作るには、もちろん大根の美味しさが第一ですので、 辛い大根おろしが必要なとき以外は、できるだけ大根の中央部分(もしくは葉っぱ側)を使うとよいです※

大根おろしは、料理に合わせてしぼり加減を変える必要があるので、『汁気をどのくらいしぼるか』も大切です。そのしぼり方も2種類あるので、下に詳しく紹介します。

大根おろしを“ざるを使ってしぼる方法”

用意するものは、おろし金とざるとボールです。おろした大根をざるの中に入れ、手の裏を使って押し出すように水気をしぼります。

大根おろしはこの水気のしぼり加減が大切です。全くしぼらないと大根の水気が料理の味を薄くしてしまうし、 しぼりすぎるとぱさついて美味しくなくなります。指でつまんだら、大根の汁がちょっとぽたぽたと落ちてくる、そのくらいがよい加減だと思います。

大根おろしを“まきすを使ってしぼる方法”

用意するものは、おろし金とまきすとバットです。まきすの上に大根をおろすと、水気だけが下に落ちてくれますし、 大根おろしを芯にして抑えるように力を入れると水気をしぼる加減も調節しやすいです。

【補足】

  • 大根おろしはおろして数時間たつと臭みが出てしまうので、できるだけ料理の直前におろした方が美味しいです(臭みが強く出て気になる場合だけ、さっと水で洗ってから、水気をしぼって使うとよいです)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

書籍の紹介

書籍:ごはんがおいしい「野菜のおかず」の表紙

ごはんがおいしい「野菜のおかず」
はじめての野菜の和食レシピ本が発売中です! 和食は野菜の持ち味をいかすのにぴったりな調理法。ごはんが進む味付けで、簡単なものからボリュームのあるおかずまで、季節ごとに野菜料理をまとめています。
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook
  • 白ごはん.com 公式インスタグラム

冬に食べたいごはんとみそ汁ランキング