おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

薬味ねぎ・刻みねぎの切り方のコツと保存

ねぎの切り方のコツと保存の写真

調理時間:10分以下

薬味ひとつで、料理の仕上がりはガラッと変わります。その中でも刻みねぎは、毎日の汁ものやおかずにあるととってもうれしいものですよね。

刻んですぐ使える「薬味ねぎ」と、辛みを少し抜いたほうが食べやすい「青ねぎ」があるので、それぞれの切り方を紹介します!

このレシピのキーワード
ねぎ
薬味
毎日の食事

印刷する

薬味ねぎ・刻みねぎの材料(分量不問)

  • 薬味ねぎや青ねぎ … 適量

スポンサーリンク

薬味ねぎ・刻みねぎの切り方のコツと保存

ねぎの種類

ねぎの中でも細めの「薬味ねぎ、あさつき、万能ねぎ」などは、辛味が少ないので刻んでそのまま使うことができますが、長ねぎや九条ねぎなど「薬味ねぎよりも太いねぎ」は、そのままだと辛みが強いので、水の中でもみ洗いをして、辛みを少し落としてから使うと料理と合わせやすいと思います。

薬味ねぎの切り方

薬味ねぎなどの細いねぎを切るときのポイントは『まな板や包丁の水けをしっかりふき取ってから切る』『輪ゴムを使って切りやすい本数をまとめて切る』のこの2点です。

まず2~3本を用意し、根元を切り落とします。それから長さを2~3等分にして、重ねてから輪ゴムで止めます。輪ゴムがあることで、ばらけることなく切りやすい状態を保ってくれます。

端から小口切りにして、輪ゴムの近くまできたら輪ゴムをずらし、また刻みます。保存容器の底にキッチンペーパーをしいてから、その中に移して密封して保存します(冷蔵で3~4日ほど日持ちします)。

※薬味ねぎは繊維がやわらかいので、水けが多いと傷みやすいです。そのために道具の水けをふき取ったり、保存容器の底にキッチンペーパーをひくなどします。そうすると保存できる期間が少し長くなります!(すぐ使い切れるときはキッチンペーパーなしで保存しても問題ありません)

九条ねぎなどの少し太めの青ねぎの切り方

長ねぎや九条ねぎなど薬味ねぎよりも太いねぎを切るポイントは『できるだけ細く切る』『切った後に水の中で軽くもんでぬめりを除き、最後にぎゅっとしぼる』のこの2点です。

ここでは九条ねぎで紹介したいと思います。まず1~2本を用意して根元を切り落とします。それから長さを2~3等分にして重ねて輪ゴムで止めます(薬味ねぎより太いので輪ゴムなしでも大丈夫ですが、あったほうが切りやすいと思います)。端から同じところを何度も切るようなイメージで、細く細く刻みます(薬味ねぎよりも繊維がしっかりしているので、細く切ることを心がけるとよいです)。

刻んだねぎをざるに入れ、ため水の中で手でもみ込んでねぎのぬめりを落とします(きつく力を入れて洗っても大丈夫です!)。※どの程度もみ洗いするかは、洗ったねぎを食べてみて辛すぎないくらい(薬味ねぎを思い浮かべて!)。ねぎの風味だけを楽しめるように、ここで辛さ調整をしてあげるわけです。最後にぎゅっとねぎのぬめりを手でしぼります。

しぼったものを保存容器に移してから軽くほぐします(薬味ねぎと同じように、長く保存したいときは保存容器の底にキッチンペーパーをひくとよりよいです)。密封して冷蔵保存すれば3~4日ほど日持ちします。

【補足】

  • 刻みねぎの辛みを取るのは、薬味を生食する場合に特におすすめの下ごしらえです。加熱する場合は辛みが飛んでくれるので、軽く水洗いしてしぼるか、水洗いなしにして使うかするとよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ